2015年1月20日火曜日

NPO法人えがおつなげて曽根原代表の講演終了しました!


合言葉は「開墾モリモリ」。

1月15日(木)、グリーンツーリズム推進のための研究会として、NPO法人えがおつなげての曽根原久司代表にご講演いただきました。

耕作放棄地日本二位である山梨県の農村での活動を好機と捉え、1995年にIターンされた曽根原氏は、その後、「NPO法人えがおつなげて」を設立。

現在ではその活動により、約20年で約10,000人の都市住民がこの地でのボランティアやツアーに参加し、また、「15」もの企業が研修や開発等のために足繁くこの地を訪れています。


「富山は宝の山」


都市住民や企業のニーズは確かにある。そのニーズと、こちらにある資源とマッチングすることができれば、富山の自然もまた宝の山となりえると、曽根原氏は仰いました。

この講演を契機として、富山各地で活発な動きが始まることを期待しております。

曽根原代表、ありがとうございました!

0 件のコメント:

コメントを投稿