2014年12月3日水曜日

とやま帰農塾【大家庄塾】のご報告(後編)

前編から続きます。




▼2日目【11月23日(日)】

朝市から帰ったあとは、さてさて本塾・目玉の味噌づくりです。
米麹と大豆と塩をよくよく混ぜます。


機械ですりつぶしていきます。


ゆでた大豆はちゃんと冷ましますよ~。パタパタ。


味噌づくりが完了すると、次は、塩麹の作り方を柳沢さんから指南を受けます。


さて次は、おまけのスペシャル体験「コウゾの皮むき」です。
朝日町の山・びるだんから、和紙原料となるコウゾの蒸したものを、皮むきします。


長崎さん(我らが理事長)の指南で、おそらく、みなさん初体験。




さて、てくてくとまちのあちこちに見える「湧水」めぐりの散歩です。

ここ大家庄は、「黒部川」と「小川」の扇状地に挟まれた場所、
平地なのに湧き水がこんこんと出現します。

みず穂裏の湧水の貯蔵ダム。








あさひまち・石仏講。


さてそんなこんなで、また田舎のごちそう時間になりました。



「ん~まいっ!!」


▼3日目【11月24日(月祝)】

最後の朝ごはんです。
昨晩のタラ汁もいただきました。


さて、今朝は「まいぶんKAN」で、朝日町・縄文文化と歴史を学びます。


古民具、農具も多く展示されています。



そして、縄文アート・スズと石でアート体験です。

ヒスイ海岸産の小石(ヒスイを含むものもあり)を選んで、



土の鋳型にスズを流し込みます。童心に返るほど・たんのしいです、コレ。



これは思い出になりました。


なないろKANの民芸展示館で、「バタバタ茶」の体験もしました。


最後の昼食は、参加者と塾関係者のみなさんがせいぞろいで「なないろKAN」バイキング!


おいしい、癒しの田舎ぐらしを満喫した3日間、
朝日町のファンがお一人でも増えてくれたでしょうか。

また来てくださいね~!



0 件のコメント:

コメントを投稿