2014年11月19日水曜日

新潟県十日町市へ視察研修会に行ってきました! 前編

 
11/17(月)、富山県農村振興課との共催により、新潟県十日町市池谷・入山集落での「地域おこし・都市農村交流視察研修会 」を実施しました。

こちらの集落は、地域おこし協力隊等を活用した地域活性化の先進地ですが、その中心組織である「NPO法人十日町市地域おこし実行委員会」の皆さまに視察を受け入れていただきました。



現地に到着しますと、まずは実行委員会代表である山本浩史さんに集落内の関連施設などをご案内いただきました。


こちらは、廃校となった旧分校を改修した施設「やまのまなびや」。
2004年の新潟県中越地震を契機としたボランティア受け入れのために整備された施設で、現在は実行委員会の拠点や研修生の宿泊施設等として利用されているそうです。

十日町市地域おこし実行委員会もこのボランティア受け入れを機に設立されています。


途中出会ったのは橋場さん。
この集落に移住した若者に農業を教え、お住まいも提供されていた方です。
畑にはとても立派なネギが栽培されていて、皆おどろいていました。


現在建設中のこちらの建物は、移住者向け住宅「めぶき」。


農業研修生の受け入れなどに利用していく予定で、クラウドファンディング等も活用しながら
資金を集め、地域で協力して完成を目指しているそうです。

その他にも、様々な建物、モノなどに、地元の方々の移住者受け入れのための努力や、移住者が活躍したこん跡が残されているのが印象的でした。



昼食に訪れたのは、この地域にある民宿「かくら」さん。


地元産の野菜を使用した天ぷら等のお料理と、


つなぎに布海苔を使用(十日町の蕎麦の特徴とのこと)したお蕎麦をいただきました。


干柿に季節を感じますね。

後編に続きます。

0 件のコメント:

コメントを投稿