2014年10月29日水曜日

とやま帰農塾【井波塾】のご報告(後編)



前編からの続きです!

井波塾二日目、里芋収穫体験を終えた一行は、(人によっては)難関の
「干しずいきづくり」に挑みます。


杉森家のお母様に講師になっていただきました。


まずは”ずいき”の皮をむきます。


ちなみに、”ずいき”とはさきほど収穫した里芋の”くき”のことを言います。


藁縄をつかって、ずいきを縛っていきます。


うーん、慣れるまではなかなか難しい作業です!


こちらが完成品です。
みなさん上手にできたでしょうか?


続いて、里芋おはぎづくりに挑戦です。
お米と一緒に炊いた里芋をつぶします。



あとは通常のおはぎと同様あんこやきなこをまぶします。

 
完成です!
里芋コロッケとともに美味しくいただきました。



続いて、アトリエ・ヒロの高倉廣子氏を講師にお迎えして、蚕糸ほぐし体験です。

 
バケツに入っているのが繭玉です。
これをもとに作業をしていきます。


こちらは染料。 後ほど登場です。


繭玉をほぐし、なかからサナギをとりだします。


これがサナギです。


ほぐした繭玉を広げると意外なほど広がります。


それを木枠に重ねていく行程を繰り返します。


仕上げに、一部の繭を染料に浸して色をつけます。


美しい模様となりました。


 皆さん完成です!

 その後、夕食、村づくり談義を経て、充実の二日目が終了です。

 ▼3日目【10月26日(日)】
 
 
二日日間宿泊させていただいた塾長の杉森さん宅は、この地域の散居村の伝統的なお住まいですが、こういったお宅では防風、防雪といった理由から、屋敷林(「カイニョ」とも言います。)の存在がかかせません。
 
 
その屋敷林から落ちたすん葉(杉の葉っぱ)をみなでせっせと集めます。
 


集めたすん葉を利用して、


 
やきいもを作りました!
これが屋敷林と暮らす、むかしながらの生活の知恵の一端です。
 
***
 
この後、閉講式を終えて、3日間の井波塾は終了しました。
 
杉森塾長はじめ井波の皆さま、ありがとうございました!
参加者の皆さまはぜひ南砺市、井波へ戻ってきてくださいね!!

0 件のコメント:

コメントを投稿