2014年10月6日月曜日

「とやまの農と食の旅」第一弾!富山市山田で実施しました!

グリーンツーリズム富山が企画協力し、富山市のエコツアー旅行会社”エコロの森”が実施する「とやまの農と食の旅」

10月4日(土)~5日(日)、第一弾である「マコモタケ収穫体験とカイコをめぐる旅」が実施されました。(※二日目に予定されていた八尾でのカイコをめぐるエコウォークは中止。)


ツアーは、今年から稼働している世界初のエゴマ工場「牛岳温泉植物工場」からスタートです。



熱心に担当者のお話を聞く参加者の皆さん。
「エゴマ」という食材自体あまりなじみがないようですが、
温泉で栽培されており、健康に非常に良いなどのお話を聞き、興味をもっていただけたようです。


実際に食べてみることが重要ですね。
ふれあいの里ささみねへ移動し、エゴマランチをいただきます。 



こちらは薬味にエゴマの葉と実が使用されています。


こちらはエゴマ味噌をのせた田楽。
美味しくいただきました。




ささみねのロビーにはエゴマを使用した商品が並んでいます。
とはいえ、現時点ではこれらは他の産地の商品ということで、
まだまだ山田のエゴマを使った商品やお料理は研究の余地ありとのことです。

今後の展開についても期待が高まります。


昼食を終えた一行は、牛岳の展望台へ訪れました。


あいにく立山方面は曇り空でしたが、晴れている方角も多く、なかなかの景観。
富山を一望しました。



下山し、鎌倉地区へ向かいます。


続いて、本ツアーのメイン・イベントである山田鎌倉地区のマコモタケ収穫に挑みます。

マコモタケは水田でつくられるイネ科の植物で、無農薬栽培であることが大きな特徴となっています。近年、鎌倉地区ではマコモタケの栽培に注力されています。



鎌倉営農組合の皆さん、準備万全です!


長靴や胴長を準備し、田に入ります。
刈り方を教えていただき、いざ挑戦!


2メートルほどにもなる葉の背丈がこの田の特徴です。


やった!


採れました!


最初は田んぼに入るのも一苦労でしたが、
皆さん目に見えて上達されていました。


こちらが生マコモ。
シャキっとした歯ごたえで、ナシ~タケノコ~栗のような、でもやはりちがうような味わい。
調理されたマコモとはまたちがう、想像以上の美味しさに驚きました。


マコモを切っているのは、鎌倉営農組合長の福田さんです。
「切るとまたおいしいよ」とのことで、こちらも美味しくいただきました。


沢山収穫できました!


休憩~牛岳温泉への入浴を経て、夕食は鎌倉地区の皆さんと交流会です。


ベーコン巻き。


生春巻き。


炊き込みご飯のおにぎり。
などなど、手作りのマコモ料理をふるまっていただきました。


鎌倉地区の方々の気さくな人柄もあり、都会からいらっしゃった参加者の皆さんは、すっかり打ち解けておられました。

ささみねで一泊の後、今回のツアーは終了しました。

参加者の皆さま、鎌倉営農組合はじめ山田の皆さま、ありがとうございました!
参加者の皆さまはまたなんらかの形で、富山に、山田にぜひまたいらっしゃっていただければと思います!!


::::::::::::::::::::::::

「とやまの農と食の旅」第二弾!「立山信仰の里をめぐるココロをいやす旅」
明日10月7日まで参加者募集中です!!

詳しくはこちらまで!!

0 件のコメント:

コメントを投稿