2014年12月26日金曜日

射水の竹炭を使った取り組みについて / 仕事納め

本日は仕事納め。

射水の「きららかネットワーク」さんと「富山県立大学」の協働による、地元産の竹炭を使用した商品開発の取り組みについて、各所にお話を伺ってきました。


里山保全の際に伐採した竹の有効活用ということで、これまでに商品化されたのは、竹炭パン、竹炭ソフトクリーム、竹炭コーヒーなど様々。竹炭には体内の毒素を排出するデトックス効果があるなど健康にもよいそうで、見た目などのインパクトと合わせて、それぞれが魅力的な商品になっています。



本日お伺いした、手作りパン工房トントンハウスさんの「竹炭パン」、グルメ北川さんの「竹炭ソフトクリーム」は、ともに人気で、お客さんの評判は上々とのことでした。


地域特産品を使い、様々なジャンルのお店に広く展開するというのは、わくわくするような素晴らしい取り組みですよね。きららかネットワークさんと県立大学では、竹炭以外にも様々な商品開発に取り組まれていますので、今後も注目していきたいです。

射水の皆さま、ありがとうございました。

***********


年末には再び強い寒波が到来するようです。
寒さもさることながら、自動車の運転、雪かき時の事故にも気をつけねばなりませんね。

皆さま、今年も一年お世話になりました。
よいお年をお迎えください。

2014年12月17日水曜日

2月ツアーの打ちあわせしてきました(五箇山楮集落)!


本日午後は、五箇山の楮集落へ出張し、2月のツアーの打ち合わせを実施しました。


郷土料理や民謡、赤カブ堀りなどについて詳細な内容を検討していただきました。
赤カブなどの郷土料理のお話は聞いているだけでおなかが減ってきますね…!



楮集落の東田さん、合掌の里の西さんはじめ、お集まりいただいた皆様、本当にありがとうございました。

五箇山の基準でも「今日はすごい」という積雪の日だったようですので、2月の本番の予行練習にもなりました。

そんな、『世界遺産"とやま"五箇山の冬体験ツアー』、参加者募集中!!
詳細はこちらです!!

花炭・そば打ち教本がやってきました


富山では12月に入ってから毎週のように雪が降っておりますが、今日から明日にかけてまた大荒れとのことです。現在の富山市内、まだそれほどではありませんが雷が鳴っております。



おっと、事務所に新しい掲示物。



われらが長崎喜一理事長による花炭です。
背景とのコントラストがきれいですよね!



こちらは当法人の副理事長で、全麺協の理事長でもある中谷信一さんからいただいた『改訂 そば打ち教本』です。打ち方のみならず、そばの栽培や歴史、器などなど、蕎麦をめぐる様々なトピックが取り扱われており、読み物としてもとても面白いです。

2014年12月12日金曜日

小矢部のメルヘン建築(雨天)


小矢部といえばメルヘン建築ですよね。
先日、小矢部市を訪れる機会がありましたので、スキマ時間を利用して、いくつかメルヘン建築を見てきました。


天気が悪く(そして距離が遠く)、写真が寒々しくて申し訳ないです…。
しかし、個人的には雪や曇天・雨天とメルヘンは相性が悪くないと思いました。

ハリーポッターみたいな雰囲気もあったり……しないでしょうか?



こちらは地域おこし協力隊の青栁さんオススメの「渓明園」。
森の中にひっそりとたたずむ様が、中世ヨーロッパの教会のようです。

また機会があれば、別のところもまわりたいと思います。

2014年12月3日水曜日

とやま帰農塾【八代塾】のご報告(後編)


前編からの続きです!

*****

八代塾二日目。
郷土料理を満喫した後は、名所「氷見あいやまガーデン」へ移動。


こちらでクリスマス・リースをつくります!


みなさん、


真剣に取り組みます。



すてきなリースが完成しました!
これでクリスマスも心配なしです!

さて、夜の地域交流会ではサプライズが…。


八代塾は、帰農塾の初回(平成17年)から開催していただいており、
今年で10年目を迎えました。
これを記念し、氷見市在住の一期生から、
サプライズでケーキが贈られたのでした。


森杉塾長はじめ地元の皆さんの笑顔が素敵ですね!!

こうして、二日目が終了です。

▼3日目【11月30日(日)】

八代塾最終日に訪れたのは、氷見で代々網元を営まれ、現当主で17代目という「濵元家」です。
こちらで見学をさせていただき、お話を伺いました。



築100年という邸宅は広く、趣のある素晴らしいもので、
参加者の皆さんも感嘆されていました。


あ!ブリですね!!
さすがは氷見の網元家です。



こちらではお食事をいただくこともできます。
見学後の昼食もおいしくいただきました。

****
その後の閉校式をもって3日間の八代塾は終了しました。

森杉塾長はじめ八代の皆さま、ありがとうございました!
参加者の皆さまはぜひ氷見市、八代へ戻ってきてくださいね!!


また、今年度の帰農塾12講座はすべて終了しました。
関係各位の皆さま、ご参加いただいた皆様、ありがとうございました!!

ご参加いただいた皆様や、帰農塾の取り組みに興味をもっていただいた皆様は、
これを機会に富山県内様々な地域でのグリーン・ツーリズムに親しんでいただけると幸いです!
参考にご覧ください!
 ⇒ グリーンツーリズムとやま Navi
 ⇒ とやまのグリーンツーリズムプラン

農村サポーターも随時募集中です!
 ⇒ こちらから!

とやま帰農塾【八代塾】のご報告(前編)


11月28日(金)~30日(日)の日程で、氷見市の八代塾が開催されました!

▼1日目【11月28日(金)】

八代自治会館での開校式から、今年度最後の帰農塾「八代塾」がスタートです!


初日は、この地区にある圃場で自然薯(じねんじょ)掘り体験。
まずは説明をよく聞き、



いざ挑戦です!



りっぱな自然薯がとれました!おいしそう!
自然薯料理づくりは翌日のお楽しみです。


さて、夜は村づくり談義です。


氷見市立図書館長の鈴木瑞麿先生に氷見の魅力についてご講義いただきました。
このあとの地域交流会を楽しみ、初日が終了です。

▼2日目【11月29日(土)】


八代塾二日目。
午前中は、地元のお母さんたちのご指導のもと、八代の郷土料理づくりにとりくみます。


もちろん自然薯も登場です。

とろろかけごはん!絶品です!

何度でも食べたい!と思いながら、後半に続きます!

とやま帰農塾【大家庄塾】のご報告(後編)

前編から続きます。




▼2日目【11月23日(日)】

朝市から帰ったあとは、さてさて本塾・目玉の味噌づくりです。
米麹と大豆と塩をよくよく混ぜます。


機械ですりつぶしていきます。


ゆでた大豆はちゃんと冷ましますよ~。パタパタ。


味噌づくりが完了すると、次は、塩麹の作り方を柳沢さんから指南を受けます。


さて次は、おまけのスペシャル体験「コウゾの皮むき」です。
朝日町の山・びるだんから、和紙原料となるコウゾの蒸したものを、皮むきします。


長崎さん(我らが理事長)の指南で、おそらく、みなさん初体験。




さて、てくてくとまちのあちこちに見える「湧水」めぐりの散歩です。

ここ大家庄は、「黒部川」と「小川」の扇状地に挟まれた場所、
平地なのに湧き水がこんこんと出現します。

みず穂裏の湧水の貯蔵ダム。








あさひまち・石仏講。


さてそんなこんなで、また田舎のごちそう時間になりました。



「ん~まいっ!!」


▼3日目【11月24日(月祝)】

最後の朝ごはんです。
昨晩のタラ汁もいただきました。


さて、今朝は「まいぶんKAN」で、朝日町・縄文文化と歴史を学びます。


古民具、農具も多く展示されています。



そして、縄文アート・スズと石でアート体験です。

ヒスイ海岸産の小石(ヒスイを含むものもあり)を選んで、



土の鋳型にスズを流し込みます。童心に返るほど・たんのしいです、コレ。



これは思い出になりました。


なないろKANの民芸展示館で、「バタバタ茶」の体験もしました。


最後の昼食は、参加者と塾関係者のみなさんがせいぞろいで「なないろKAN」バイキング!


おいしい、癒しの田舎ぐらしを満喫した3日間、
朝日町のファンがお一人でも増えてくれたでしょうか。

また来てくださいね~!