2012年12月14日金曜日

子プロ「リスクマネジメント研修・基本編」受講してきました!

いくつ危険を見つけられますか?
ちょっと見にくいですけど・・・画像をクリックすうると拡大します。
10:00~17:00までみっちり6時間の研修会・・・そんなにすることがあるのかしら?などと軽い気持ちでしたが、時間が足りません!

今こそ、豊かな体験活動を子どもたちに
「子ども農山漁村交流プロジェクト事例集の考察を通して」解説いただきました。

今の子ども達は、田舎の子どもでも自然との関わりが少ないのだそう!
そんな中で、『子どもは3日目・4日目に変わる!』と、長期活動を推進したいところですが、昨今の事情ではなかなか難しい様子です。
それでも、
・「牛乳を絞るホルスタインの寿命は通常の半分」と聞いた子どもが牛乳を大事に扱ったり、
・民泊で「もうひとつの家族」を体験した子どもが帰るときにはワァワァ泣くとか、
・体験活動から帰った後、手伝いをしたり身の回りを片付けるようになったりと
子どもが変化した様子を見て、親御さんも感謝するそうです。
子ども農山漁村交流プロジェクトの全国13件の事例集
「小学校とその受入地域の取り組み事例集」としてまとまっている(お金のことまで載っています!)ので活用ください。

弘前では、不登校が50数名だった学校が、入学後すぐに1週間の学級合宿を行うようになってから数名レベルにまで激減したとか。

遠回りなようでも、目先のお勉強より、体験を通して生きる知恵を学んでほしいと思いました。


安全管理についての基本的な考え方
「安全管理マニュアル作成のポイント Q&A」というテキストにまとめられています。

というわけで、冒頭の画像のKTY(危険予知トレーニング)になります。
事前に危険を予知できれば、声がけ・先回りができる・・・ということですね。
冒頭の画像から、50以上見つかるそうですが、おわかりになりますか?

リスク洗い出しの手法として、
(外的要因)(人的要因)×(顕在危険)(潜在危険)
という洗い出しマップの手順を紹介されました。

さらに、洗い出したリスクを、
・中止する
・専門家に任せる
という判断も含めて予防策を練ります。

ハインリッヒの法則も紹介いただきました。
1件の大事故に対して、
29件のかすり傷程度の事故があり、
さらに
300件のヒヤリ!ドキッ!がある。

【安全管理の要件】
1.マニュアル=必ず用意しなければならないもの
2.トレーニング
3.保険:傷害保険+賠償責任保険
4.情報共有
5.リスクマネージャーの設置


受入れ準備段階における留意点について
プランニングから、事前確認・実地踏査、アレルギーを含む健康面、食中毒、天候の判断、ハチ、海・山のプログラムでの注意点など事細かに説明いただきました。

子ども達って、「してはいけない」「近づくな」というと、したがりますからね。
なので、『◇◇したら、××(痛い・苦しい・汚いなど)になる』とイメージさせると効果的だそうです。

印象的だったのは、海のプログラムは次の4つのステップで、泳げない子も楽しめる!というお話。
1.浮く体験=自分は沈まないとわかる
2.息がどこまで続くか体験
3.シュノーケルを使って、「だるまさんが転んだ」体験
4.フィンを付ける体験

また、雷対策にはAMラジオが効果的だそうです。
雷が近づくと、雑音が入りだすので、即中止!

基本は、『もし自分の子どもだったら』
落ち着いて、手当して、安心させましょう!


事故事例分析
リスクの大きさ=発生確率×被害の大きさ
ということで、【リスクコントロール】と【リスクファイナンス(補償)】について学びました。

安全管理マニュアルは、何かあった場合、警察に提出しなければならず、裁判の基準となるそうです。

「大丈夫だろう」はやめましょうね。


ワークショップ
日本では、大人が危険を排除するという発想が先行しますが、
『自分の身(命)は自分で守る(守らせる)』のも大事なことと思いました。
なにか起こった際もできることなら、してあげるのではなく、自分で対処させる。

アメリカでの子供向けの火災予防教育では、子どもが自分で考えて、自分の力でサバイバルできるように、わかりやすくて楽しいプログラムになっているそうです。

子どもに火がついた時、怪我をした時、鼻血を出した時や捻挫など、様々なケースについて学びました。

最後に、搬出方法の実践です。
ビニールシート1枚あれば、子どもにも手伝ってもらえるそうです。


普段の活動では忘れてしまいがちな事柄を、思い出させてくれた研修会でした。
年明けには、上級編が開催されるとのことです。

『リスクマネジメント研修会-上級編-』
【関東】平成25年1月12日(土)13:00~13(日)15:00
会場:Nツアービル(秋葉原)
【関西】平成25年1月25日(金)10:00~26日(土)12:00
会場:エル・おおさか(天満橋)
定員30名、受講料:無料
お問合せ・お申込み:子ども農山漁村交流プロジェクト研究会
TEL03-5297-0323 http://www.znk.or.jp


0 件のコメント:

コメントを投稿