2012年1月25日水曜日

氷見体験ツアー報告



去年10月7日のブログでご案内しました「氷見・里山の恵みと味覚体験ツアー」に1月7・8日参加してきましたので報告します。

これは氷見市観光協会が企画・実施したもので(グリーンツーリズムとやまは協賛)、今年度はこれが三回目とのこと(計画では五回予定だった)。去年行った同ツアーがたいへん好評だったので(去年の様子はこちら)、今年度はいわばアンコール企画。
なお氷見市観光協会(ホームページ)は旅行業の資格をもつやや風変わりな観光協会で、商工会議所や氷見市などとともに「氷見市宿泊体験推進協議会」(ホームページ)を立ち上げ、県外小学生の宿泊体験を受け入れる「子ども農山漁村交流プロジェクト」を行うなどたいへん積極的に活動されている団体です。

--------------

11:00JR高岡駅瑞龍寺口集合。高岡駅はリニューアルされ、以前「正面口」だったのが「古城公園口」に、「南口」が「瑞龍寺口」に変わり、またすっかりかっこよくなっています。
f:id:gt-toyama:20120125115908j:image f:id:gt-toyama:20120125174433j:image
高岡駅瑞龍寺口             バス

背に「氷見」とプリントされたバスに乗り込み、まずは百年の歴史がある網元の邸宅「濱元家」(ホームページ)へ。網元は有名な氷見ブリの定置網を設置する職人で、ここ氷見では4百年の歴史があります。定置網は魚を取り尽くす漁法ではなく、集まってくる魚を待ち受けて網に入る2割程度の魚を捕獲する環境に優しい漁法で、いま世界的にも注目されており、タイやインドネシアにも指導に行かれているとか。
その邸宅は柱や梁など総漆塗の豪邸で、欄間も各部屋特徴的。定置漁業組合の元・組合長でもある濱元さんに豪邸を案内してもらい、定置網の話もしていただきました。(なお濱元さんは田舎暮らし案内人です →こちら参照
f:id:gt-toyama:20120125115909j:image f:id:gt-toyama:20120125115910j:image
濱元家の内部                ブリが描かれた欄間

その網元の豪邸で、氷見の旬の海鮮料理を頂きました。(網元はすぐ近くでラ・セリオールという民宿(ホームページ)を営んでおられます)。三段重ねのお重を豪華な空間で味わう、何ともぜいたくな時間でした。
f:id:gt-toyama:20120125115912j:image f:id:gt-toyama:20120125115911j:image
食事の様子                  豪華な食事

氷見の上流を堪能した後は庶民の食文化を。創作工房ひみにてかぶらずしづくりを体験しました。かぶらずしとは石川・富山の伝統料理で、塩漬けした魚をかぶらではさみ糀で発酵させる「なれずし」の一種、お米は使いません。持ち帰り食べましたが、やはり砂糖ではないこの甘さはいいですね。
f:id:gt-toyama:20120125115913j:image
かぶらずしづくり体験

次に藤子不二雄A氏の生家・光禅寺へ。大きな禅寺なのにハットリくんの石像があったりと、市民あげて観光に力を入れていることが垣間見られます。続いて銀行を改装して藤子A氏の原画ギャラリーにしたという「潮風ギャラリー」へ。実写化で話題になっている「怪物くん」が目玉となっていました。
f:id:gt-toyama:20120125115914j:image f:id:gt-toyama:20120125115915j:image
光禅寺にある石像                潮風ギャラリー

少し時間が余ったので大境洞窟を見学した後、宿泊地である「民宿わたなべ」(ホームページ)へ。このツアーは複数回実施されますが、毎回違った宿に泊まるので、何度来てもそれぞれ違った味が楽しめます。風呂の後にゆったり食事。それぞれ美味しいのに、次から次へと運ばれてきてボリュームたっぷりでした。
f:id:gt-toyama:20120125120414j:image f:id:gt-toyama:20120125115916j:image
民宿わたなべ                ボリュームたっぷり夕食

翌日は雪の中、まずはcafe風来里(ふらり)(ホームページ)へ。氷見は海のイメージが強いですが、風来里のある触坂(ふれさか)地区は山里です。そこで栽培されたブルーベリーを使ったジャムづくりを体験。できたてのジャムはおいしいだけでなくキラキラととてもきれいでした。ジャムでケーキと紅茶(またはコーヒー)をいただく、おしゃれでゆったりした時間でした。
f:id:gt-toyama:20120125120549j:image f:id:gt-toyama:20120125120548j:image
cafe風来里外観               ジャムづくり体験

次は氷見市海浜植物園へ。館長自らの案内の後、眺望のよいレストラン「ブルーキッチン」にて氷見牛ハンバーグを頂きます。(食べてばっかり?)
f:id:gt-toyama:20120125120547j:image
氷見牛ハンバーグ

そして氷見市商店街にてかまぼこ屋や乾物屋を巡り、試食も含めここでしか買えない珍しい特産品を買い求めました。
f:id:gt-toyama:20120125120546j:image f:id:gt-toyama:20120125120413j:image
いろんな種類があるかまぼこ屋            乾物屋

海鮮館に立ち寄ってツアープログラムは終了でしたが、観光協会の下村さんのはからいで十二町潟水郷公園に立ち寄っていただき、そこに季節柄ちょうど飛来しているオオハクチョウに会うことができました。
f:id:gt-toyama:20120125120545j:image

氷見を存分に楽しみ味わい尽くせる盛りだくさんの体験ツアー。来年もぜひ行ってほしいです。




0 件のコメント:

コメントを投稿