2012年1月11日水曜日

八尾でそば打ち&豆腐づくり体験ができます



12月26日、富山県内の体験交流施設の現状調査第二弾として、「黒瀬谷交流センター 喜楽里館[きらりかん]」に伺ってきました(第一弾はこちら)。

「喜楽里館」は「おわら風の盆」で有名な越中八尾にあります。八尾はいくつもの谷の開口部にあり(八つの尾根の先だから八尾だとか?)、その谷の一つ、八尾町中心部からやや南東に伸びる谷にある集落が黒瀬谷です(地図)。
このセンターは旧八尾町によって建てられましたが、富山市との合併(2005年4月)を機に地元の各種団体(婦人会など)が集まって運営委員会を立ち上げ、現在は運営委員会が施設の運営にあたっているとのことです(上下分離式)。
f:id:gt-toyama:20120111104102j:image
喜楽里館外観

この施設では「豆腐づくり体験」「そば打ち体験」ができます。
「・・・また豆腐?」と言わないで、今度は普通の豆腐です(笑)。しかし地元産大豆と天然にがりを使った本格的な豆腐づくりです。しかも豆腐ができあがるまでの時間で、おからを使ったパンづくりもできます!一度で二度おいしい体験メニューですね!
f:id:gt-toyama:20120111104937j:image f:id:gt-toyama:20120111105103j:image
豆腐づくり体験の様子

「そば打ち体験」もできます。実は同じ八尾に「八尾ゆめの森・ゆうゆう館」という施設もあり(ホームページ)、そちらの「八尾そば大楽」でもそば打ち体験ができるのですが、大楽は手打ちそば団体が開催しており名人まで目指せるやや玄人向けなのに対し、喜楽里館は地元の方が丁寧に指導してくれます。それだけそばは八尾に根付いた文化ともいえるのですが、まあ和気あいあいと地元の方とも盛り上がりながらの体験は喜楽里館がお勧めかも!?
f:id:gt-toyama:20120111104622j:image f:id:gt-toyama:20120111104816j:image
そば打ち体験の様子



  • 場  所 黒瀬谷交流センター 喜楽里館(富山市八尾町小長谷352)(地図

<豆腐づくり体験>


  • 料  金 800円/人(試食込)(5名以上)

  • 所要時間 2時間程度

<そば打ち体験>


  • 料  金 1,300円/人(試食込)(3名以上)

  • 所要時間 1時間程度


  • 実施期間 通年 10:00~16:00(施設は火・日・祝休みですが、できるだけご希望に沿います。)

  • 予  約 一週間前までにTELにて(地元の先生に依頼・調整するため)

  • 連絡先  TEL 076-455-3695

※学級単位(約30人)での受入も可能です。ご相談ください。



喜楽里館では「菜々こられ市」という農産物直売市が月一回(日曜朝)に開催されています。地元の新鮮野菜のほかおこわ豆乳プリンなども販売され、いつも大盛況とのこと。地元産手打ちそばもふるまわれます。八尾は新興住宅への入居者が増えているものの土着の方との交流の機会があまりないため、こういった朝市は新規住民と土着の方との貴重な交流の場となっているとのことです。
体験メニューだけでなく、朝市にもぜひ足をお運びください。(第二か第三日曜。詳細は喜楽里館まで。)

またここは富山市中心部・総曲輪にある農産物直売所「地場もん屋」(ホームページ)への中継地ともなっています。朝9:00までに持ち込まれ、ここでラベルが貼られた農産物が市街地の販売所に並ぶわけです。スーパーなどだとどう流通してきた商品なのかわかりづらいことが多いですが、ここはわかりやすいですね。
f:id:gt-toyama:20120111112008j:image
地場もん屋総本店

黒瀬谷はマスカットぶどうを栽培している地域なので、それを使ったワインなどの特産品も、運営委員会によって開発されています。地域の、さまざまな活動の拠点なのですね。
地元住民、新規住民、そして都市・市外県外住民との交流の場として、今後も賑やかに活動していったもらいたいです。




0 件のコメント:

コメントを投稿