2012年1月27日金曜日

味噌作り・ストラップ作りのご案内



2月の体験イベントのご案内です。ぜひご参加ください。

------------------------------------------------------------
▼味噌作り・ストラップ作り
------------------------------------------------------------
日 程:2012年2月19日(日)9:30~15:00
場 所:高岡市里山交流センター(高岡市国吉1324番地1)
定 員:30名(申込順)
参加費:大人1,000円/小学生700円/幼児500円
    なお味噌は10kgで別途3,000円です。
申込方法:電話にて(2月11日(土)9:30から)
予約・お問合せ:里山交流センター TEL 0766-31-6617
http://www.senmaike.net/satoyama/index.html




2012年1月25日水曜日

氷見体験ツアー報告



去年10月7日のブログでご案内しました「氷見・里山の恵みと味覚体験ツアー」に1月7・8日参加してきましたので報告します。

これは氷見市観光協会が企画・実施したもので(グリーンツーリズムとやまは協賛)、今年度はこれが三回目とのこと(計画では五回予定だった)。去年行った同ツアーがたいへん好評だったので(去年の様子はこちら)、今年度はいわばアンコール企画。
なお氷見市観光協会(ホームページ)は旅行業の資格をもつやや風変わりな観光協会で、商工会議所や氷見市などとともに「氷見市宿泊体験推進協議会」(ホームページ)を立ち上げ、県外小学生の宿泊体験を受け入れる「子ども農山漁村交流プロジェクト」を行うなどたいへん積極的に活動されている団体です。

--------------

11:00JR高岡駅瑞龍寺口集合。高岡駅はリニューアルされ、以前「正面口」だったのが「古城公園口」に、「南口」が「瑞龍寺口」に変わり、またすっかりかっこよくなっています。
f:id:gt-toyama:20120125115908j:image f:id:gt-toyama:20120125174433j:image
高岡駅瑞龍寺口             バス

背に「氷見」とプリントされたバスに乗り込み、まずは百年の歴史がある網元の邸宅「濱元家」(ホームページ)へ。網元は有名な氷見ブリの定置網を設置する職人で、ここ氷見では4百年の歴史があります。定置網は魚を取り尽くす漁法ではなく、集まってくる魚を待ち受けて網に入る2割程度の魚を捕獲する環境に優しい漁法で、いま世界的にも注目されており、タイやインドネシアにも指導に行かれているとか。
その邸宅は柱や梁など総漆塗の豪邸で、欄間も各部屋特徴的。定置漁業組合の元・組合長でもある濱元さんに豪邸を案内してもらい、定置網の話もしていただきました。(なお濱元さんは田舎暮らし案内人です →こちら参照
f:id:gt-toyama:20120125115909j:image f:id:gt-toyama:20120125115910j:image
濱元家の内部                ブリが描かれた欄間

その網元の豪邸で、氷見の旬の海鮮料理を頂きました。(網元はすぐ近くでラ・セリオールという民宿(ホームページ)を営んでおられます)。三段重ねのお重を豪華な空間で味わう、何ともぜいたくな時間でした。
f:id:gt-toyama:20120125115912j:image f:id:gt-toyama:20120125115911j:image
食事の様子                  豪華な食事

氷見の上流を堪能した後は庶民の食文化を。創作工房ひみにてかぶらずしづくりを体験しました。かぶらずしとは石川・富山の伝統料理で、塩漬けした魚をかぶらではさみ糀で発酵させる「なれずし」の一種、お米は使いません。持ち帰り食べましたが、やはり砂糖ではないこの甘さはいいですね。
f:id:gt-toyama:20120125115913j:image
かぶらずしづくり体験

次に藤子不二雄A氏の生家・光禅寺へ。大きな禅寺なのにハットリくんの石像があったりと、市民あげて観光に力を入れていることが垣間見られます。続いて銀行を改装して藤子A氏の原画ギャラリーにしたという「潮風ギャラリー」へ。実写化で話題になっている「怪物くん」が目玉となっていました。
f:id:gt-toyama:20120125115914j:image f:id:gt-toyama:20120125115915j:image
光禅寺にある石像                潮風ギャラリー

少し時間が余ったので大境洞窟を見学した後、宿泊地である「民宿わたなべ」(ホームページ)へ。このツアーは複数回実施されますが、毎回違った宿に泊まるので、何度来てもそれぞれ違った味が楽しめます。風呂の後にゆったり食事。それぞれ美味しいのに、次から次へと運ばれてきてボリュームたっぷりでした。
f:id:gt-toyama:20120125120414j:image f:id:gt-toyama:20120125115916j:image
民宿わたなべ                ボリュームたっぷり夕食

翌日は雪の中、まずはcafe風来里(ふらり)(ホームページ)へ。氷見は海のイメージが強いですが、風来里のある触坂(ふれさか)地区は山里です。そこで栽培されたブルーベリーを使ったジャムづくりを体験。できたてのジャムはおいしいだけでなくキラキラととてもきれいでした。ジャムでケーキと紅茶(またはコーヒー)をいただく、おしゃれでゆったりした時間でした。
f:id:gt-toyama:20120125120549j:image f:id:gt-toyama:20120125120548j:image
cafe風来里外観               ジャムづくり体験

次は氷見市海浜植物園へ。館長自らの案内の後、眺望のよいレストラン「ブルーキッチン」にて氷見牛ハンバーグを頂きます。(食べてばっかり?)
f:id:gt-toyama:20120125120547j:image
氷見牛ハンバーグ

そして氷見市商店街にてかまぼこ屋や乾物屋を巡り、試食も含めここでしか買えない珍しい特産品を買い求めました。
f:id:gt-toyama:20120125120546j:image f:id:gt-toyama:20120125120413j:image
いろんな種類があるかまぼこ屋            乾物屋

海鮮館に立ち寄ってツアープログラムは終了でしたが、観光協会の下村さんのはからいで十二町潟水郷公園に立ち寄っていただき、そこに季節柄ちょうど飛来しているオオハクチョウに会うことができました。
f:id:gt-toyama:20120125120545j:image

氷見を存分に楽しみ味わい尽くせる盛りだくさんの体験ツアー。来年もぜひ行ってほしいです。




2012年1月24日火曜日

富山の2月体験イベントのご案内



1月末から2月にかけての体験イベントをご案内します。
(メールマガジンにご案内した内容とほぼ同じです。(バックナンバーはこちら))
メールマガジンの登録・解除はこちら

------------------------------------------------------------
▼食と農を学ぶ講演会
------------------------------------------------------------
先進事例に学ぶ講演会として、都市の購買者を一万人もつかみ、全国の若者がそこでの就農を希望しているという「無茶々園」(愛媛県)の代表・大津清次氏にお越しいただき、四国の端のみかん畑が全国ブランドになった訳を伺い、中山間地活性化のヒントを探ります。なお当日は無茶々園の完熟ポンカンを会場にて即売します(試食あり)。

開催日:2012年1月28日(土)19:30~
場 所: 富山市山田交流促進センター(富山市山田赤目谷145)
   (牛岳温泉健康センターの隣)
    地図>http://g.co/maps/pc7rp
講 師:無茶々園代表 大津清次氏 (愛媛県)
テーマ:無茶々園発展の経緯。地域を元気にさせる秘訣。など
入場料:無料
申込み:不要
主催者:山田村鎌倉いなか体験協議会
問合せ:山田村鎌倉いなか体験協議会事務局 TEL:076-457-2333
http://d.hatena.ne.jp/gt-toyama/20120112/p1 または
http://p.tl/kG7y (案内チラシPDFもこちらにあります)


------------------------------------------------------------
▼家庭にある道具で新そば手打ち体験と試食会
------------------------------------------------------------
家庭の身近にある道具でのそば打ち体験ですので手軽に、気軽にそば打ち体験がお楽しみいただけます。体験後はおうちでも美味しいおそばが気軽に作れるようになりますよ♪お子様でも体験できますので、親子でそば打ち体験をしてみるのはいかがでしょうか?体験後は自分で作ったおそばをその場で試食できますので、ぜひご参加下さい。定員に限りがございますので、ご予約はお早めにお願いします。

開催日時:2012年1月29日(日)10:00~(受付は9:30~)
場 所:なないろKAN 研修室(下新川郡朝日町横水300)
参加費:1,300円(2食分のおそばが作れます)
    ※2名様でのお申込の場合は2000円(4食分)
    ※3名様でのお申込の場合は3000円(6食分)
所要時間:約2時間30分(試食時間も含みます)
    ※試食せず持ち帰りもできます。
持ち物:エプロン・バンダナ(三角巾)・大きめのボウル(家庭に
    あるものでけっこうです)
※家庭にあるボウルを用意していただくのは、自宅でも再度そば打ちに挑戦していただく際に分量の感覚を再現しやすいからです。ボウルを準備できない場合はこちらで用意します。事前にお申込下さい。
※幼児の参加には保護者の同伴でお願いします。
定 員:40名(要予約)
予約締切:1月27日(金)(道具準備のため)
予約・お問合せ:なないろKAN TEL:0765-83-3700
http://asahimachi.com/nanairo/event/sobauti2012.html


------------------------------------------------------------
▼白磁におひなさま飾り
------------------------------------------------------------
かわいいおひなさま飾りを作ります!器の形、大きさなど、おひなさまに合わせて選んでいただけます。玄関や出窓に手軽に飾ることもできますよ♪明るく優しい雰囲気になりますね^^

開催日時:2012年1月29日(日)、2月4日(土) 13:30~15:30
場 所:クラフトウィズyou(集合13:30)
    南砺市本町4-22(http://g.co/maps/dgzme
参加費:1,500円~
定 員:6名
予約締切:3日前までに。体験日の相談可能(火曜定休)
予約・お問合せ:クラフトウィズyou TEL/FAX:0763-82-2686
※商品は焼成し後日(3日後)発送又は引き渡しします。
http://www.nanto-satoyama.jp/4-08/


------------------------------------------------------------
▼立山山麓の緑と新雪♪チーズフォンデュに舌鼓★
------------------------------------------------------------
立山山麓「ペンションおこん」と「エコロの森」のタイアップでご提供する、毎年恒例・スノーシューのガイドツアー!今年はなんと、夕食があったか「チーズフォンデュ」となる、スノーシューツアーだけの特別プラン!
平日ですが、期間限定のお楽しみツアープランです。スノーシューだけの日帰りガイドツアー(約2時間)も可能です。

開催日:2012年2月6日(月),7日(火),8日(水),9日(木),10日(金)
    2012年3月5日(月),6日(火),7日(水),8日(木),9日(金)
場 所:立山山麓 ペンションおこん(富山市本宮花切割3-47)
    http://www.p-okon.com/
参加費:お一人様14,000円(1泊2食=チーズフォンデュの夕食、
    スノーシューガイドツアー、スノーシューレンタル、保険
    込)小学生料金11,000円
   ※3名様以上でお申し込みの場合13,500円/人となります
予約・お問合せ:(株)エコロの森(担当:森田由樹子)
    TEL:076-444-0576または090-4546-5238
http://ameblo.jp/ecolonomori/entry-11097501748.html


------------------------------------------------------------
▼わら工芸教室
------------------------------------------------------------
全3回を通して深靴を編み上げます。内容(日時、参加料、人数等)が変更になる場合がありますので、事前にお問い合わせをお願い致します。

開催日時:2012年2月5日(日),12日(日),19日(日)各9:00~15:00
場 所:立山自然ふれあい館(中新川郡立山町四谷尾177番地)
    http://www.konchu.jp/acsess.html
参加費:3,000円(要予約)
予約・お問合せ:立山自然ふれあい館 TEL:076-462-8555
http://www.konchu.jp/ibent.html


------------------------------------------------------------
▼南砺の草花で押し花カレンダー
------------------------------------------------------------
南砺の豊かな緑の中で育った季節の草花を使って、あなただけの『押し花カレンダー』を作ってみませんか?今回は3月のカレンダーを作りましょう♪

開催日時:2012年2月14日(火) 13:00~16:00
場 所:法林寺温泉(集合13:30)
    南砺市法林寺4944(http://g.co/maps/cp2qg
参加費:500円
定 員:20名(最少1名)
予約締切:前日までに
持ち物:筆記用具・メモ用紙(材料は用意します。)
予約・お問合せ:法林寺温泉 TEL:0763-52-4251
http://www.nanto-satoyama.jp/4-10/


------------------------------------------------------------
▼南砺利賀そば祭り
------------------------------------------------------------
利賀地域では、この時期になると各集落で出稼ぎから帰ってきた人や遠来の客をもてなすそば会が行われていました。この風習から、地域をあげてのイベントになったのが「南砺利賀そば祭り」です。利賀特産そば粉を使用した手打ちそばが毎年1万食も用意されますが、足りなくなるほどの盛況ぶりです。本物のそばや岩魚の塩焼き、五平餅など数々の利賀特産品を堪能してください。会場には10数基の巨大雪像にミニかまくらがみなさんをお出迎え。雪で作られた特設ステージでは、民謡、ヨサコイ、歌謡ショーが行われ、夜には花火と光のショーが行われます。

開催日:2012年2月10日(金)10:00~12日(日)15:00
場 所:利賀国際キャンプ場周辺
    地図>http://g.co/maps/8r4bz
問合せ:南砺市利賀行政センター TEL:0763-68-211
http://www.city.nanto.toyama.jp/webapps/www/event/detail.jsp?id=4104


------------------------------------------------------------
▼オーガニック味噌を作ろう!
------------------------------------------------------------
オーガニックのだいずとこうじで、味噌10kgを仕込みます。

開催日:2012年3月4日(日)10:00~
場 所:みのふぁーむ(南砺市田尻248)http://g.co/maps/ngkjj
参加費:お一人様8,000円(昼食付)
予約・お問合せ:(株)エコロの森(担当:森田由樹子)
    TEL:076-444-0576または090-4546-5238


<番外>
東京在住の方は東京での富山イベント「acoico fes」が2月19日(日)に開催されますので、ぜひチェックしてみてください。富山出身者でなくても参加できますよ!詳しくは↓
http://acoico.net/fes/fes2012/fes2012.html




2012年1月19日木曜日

2012年01月19日のツイート







2012年1月18日水曜日

2012年01月18日のツイート







中山間地域保全研修会のご案内



富山県より、研修会の案内が届きましたのでご案内します。

******
中山間地域保全パートナーシップ推進事業研修会のご案内
「農山村での新たな取組みに向けて」

 過疎化・高齢化が進行する中山間地域では、農業活動の継続はもとより、集落を維持することさえ難しくなってきています。しかし、中山間地域には農地、水、森林等の資源が豊富にあり、工夫とアイディアにより、新たな活動への可能性を秘めています。
 本研修会では、小水力発電等を活用した中山間地域の新たな取り組みや金沢市で自然薯等の栽培に携わっている事例について講演していただきます。
 中山間地域の持つ可能性について考えてみませんか。ぜひご参加ください。

【日  時】 平成24年2月7日(火)14:00 ~ 16:00
【会  場】 富山県総合福祉会館
      「サンシップとやま」研修室602~604
       富山県富山市安住町5-21 ℡(076)432-6141
【定  員】 100名
【対  象】 企業(主に建設業)、団体、市町村他
【申込方法】 参加申込書に所定事項をご記入の上、
     1月31日(火)までにFAXにてお申込みください。
【内  容】
(1)講  演(14:10~15:15)
『中山間地域におけるエネルギー地産地消の可能性』 ~小水力発電を中心として~ 講 師 富山国際大学 子ども育成学部 教授 上坂 博亨 氏
《プロフィール》
昭和55年筑波大学卒業、昭和62年筑波大学理学博士、富士通株式会社入社、平成12年富山国際大学地域学部助教授、平成16年から現職 専門は環境情報学、地域エネルギー学小水力を中心とした再生可能エネルギー利用による地域社会形成に関する研究を推進している。富山県小水力利用推進協議会副会長、NPO法人エコテクノロジー研究会理事等

(2)事例紹介(15:20~15:55)
講 師 (株)明翫組 農業事業部 部長 加藤 英孝 氏
《会社の農業参入概略》
昭和20年9月設立 金沢市の建設会社
平成18年に建設業以外の分野へ新規参入することを検討し、平成19年から金沢市福畠町の遊休畑地を使ってダッタンソバと自然薯の試験栽培を開始する。平成21年1月に金沢市長と農業参入の協定調印を行い、社員の雇用の維持、地域社会への貢献のために企業として農業参入することとした。

主催:富山県  共催:(社)富山県建設業協会

案内チラシ、参加申込書はこちら(PDF)




2012年1月16日月曜日

2012年01月16日のツイート







グリーン・ツーリズム商品コンテスト 受賞



グリーンツーリズムとやまの旅行商品が、コンセプトの明快さや地域振興への貢献が評価され、次の賞を受賞したのでご報告します。

【グリーン・ツーリズム商品コンテスト 2011】
<優秀賞>
「とやま世界遺産で収穫体験。」
提案者:NPO法人グリーンツーリズムとやま(富山市)
共同提案者:株式会社JTB中部 富山支店(富山市)
旅行目的地:富山県南砺市


―商品概要―
浄土真宗の信仰と結びついた報恩講料理を味わう。報恩講とは親鸞聖人の忌日に行う仏事のことで、お寺の住職の講話付き。地元の行事と同一、お寺で住職の講和と報恩講料理、すべてが本物。通常のパックツアーでは不可能な体験。

※グリーンツーリズム商品コンテストは、「都市の農山漁村の共生・対流推進会議(オーライ!ニッポン会議)」が行う表彰制度で、農山漁村地域をフィールドとした旅行商品を公募し、優れた事例を選定・表彰することにより、農林漁業関係者と旅行事業関係者との連携によるグリーンツーリズム商品の開発・販売に向けた取り組みを盛り上げ、もって都市と農山漁村との交流を活発化させることを目的としたものです。


○「グリーン・ツーリズム商品コンテスト 2011」優秀賞の選定について(PDF)
○「とやま世界遺産で収穫体験。」商品概要(PDF)

表彰式は平成24年3月8日に東京都内で開催される予定で、各受賞団体から1名が招待されるとともに、グリーン・ツーリズム商品のPRのため受賞内容の発表(事例発表)をすることになっています。




黒部の生活文化を体験できます



12月27日、富山県内の体験施設現状調査の第三弾として、「農村文化伝承館 山本家」を伺ってきました。(第二弾はこちら

「農村文化伝承館 山本家」(ホームページ)は、黒部扇状地の扇頂あたりに位置する江戸時代末期の豪農建築の遺構で、現在は農村文化伝承館として一般公開、再利用されている施設です。旧宇奈月町明日(あけび)地区にあり、村の雰囲気が残る水田地帯の少し高台にあります。
正面の長屋門をくぐった先に立つ600平米の住宅、木造二階建・16部屋・たたみ130枚。いろりもあるし、あまりの広さ・部屋数の多さに驚かされます。

この山本家は江戸時代中期にこの地に土着した旧家で、たばこ養蚕の振興や肝煎、戸長、郡会議員などを歴任し、寺子屋教育にも貢献した家柄だそうです。現在の建物は江戸末期に建てられて以来、災害の被害も受けず人工的に改築された形跡もなく、「旧家」としての趣が十分に保存されているとのこと。
f:id:gt-toyama:20120116150111j:image f:id:gt-toyama:20120116150112j:image
山本家外観(長屋門、本宅)

ここでは「かまど炊き体験」ができます。まき割り体験もできるそうですが、少し危険なためお断りする場合もあるとか(交渉次第!?)
今では炊飯器のボタンを押すだけでごはんが炊けてしまいますが、ほんの1~2世代前まではみんなかまどを使って炊飯していました。てゆか「かまど」ってご存知ですか?かまど自体、残っている場所は少ないのではないでしょうか。ましてやそれを体験できるなんて!使い方はもちろん教えてもらえます。
昭和63年にここが町に寄付された際、町が一部改装して調理場と風呂を設置されました。どこか昭和の雰囲気が漂う調理場で自由に調理ができます。
いろりを囲んだかつての生活体験だけでなく、宿泊も可能です(寝具類は無料)。豪農邸宅見学は他にもありますが、宿泊できるところはそうそうないのではないでしょうか。

f:id:gt-toyama:20120116150113j:image f:id:gt-toyama:20120116150121j:image
かまどといろり
f:id:gt-toyama:20120116150114j:image f:id:gt-toyama:20120116150115j:image
調理場
f:id:gt-toyama:20120116150117j:image f:id:gt-toyama:20120116150116j:image
広い内部。風呂もあります


場 所 農村文化伝承館 山本家(黒部市宇奈月町明日670)(地図
料 金 宿泊1,050円(高校生以上)700円(小・中学生)、日帰り530円(大人)300円(子ども)、見学のみ100円
宿泊人数 40名まで(下限なし)
開館時間 9:00~17:00
休館日 水曜日、冬期間(12/1~3/31閉鎖)
駐車場 15台(無料)
連絡先 0765-65-2038(冬期間は0765-65-2111黒部市農業水産課まで)



農機具なども展示されているので、見学だけでも価値があります。どのように使われていたかも解説してもらえるとか。
f:id:gt-toyama:20120116150118j:image f:id:gt-toyama:20120116150119j:image
農機具の展示

これだけの施設ながら、利用者は減少の一途とのこと。市の直営とはいえ維持管理コストもかかります。「もっと知ってもらいたいし、利用してほしいのですが」と市の担当者。
黒部ICからも、2014年度開通予定の北陸新幹線・新黒部駅(仮称)からもそれほど離れていないのに(近くもない、黒部ICから10km15分)、どこかもったいないです。
もっとこの施設を使ってもらえる妙案のある方、「こんな風に使いたい!」という方、黒部市農業水産課かグリーンツーリズムとやままでご一報を!

おまけ:
f:id:gt-toyama:20120116150120j:image
ヒアリングさせていただいたときは雪に閉ざされていました




2012年1月12日木曜日

2012年01月12日のツイート







食と農を学ぶ講演会のご案内



山田村鎌倉いなか体験協議会より、講演会の案内が届きましたのでお知らせします。

f:id:gt-toyama:20120112114930g:image
「食と農を学ぶ講演会」
愛媛県の無茶々園では、都市の購買者を一万人もつかみ、全国の若者がそこでの就農を希望しています。また、地域の高齢者をサポートする仕組みも取り入れています。
山田村鎌倉いなか体験協議会は、先進事例に学ぶ講演会として、今回はこの無茶々園の代表・大津清次氏にお越しいただき、四国の端のみかん畑が全国ブランドになった訳を伺い、中山間地活性化のヒントを探ります。

---------------------------------------------------------------------
と き  1月28日(土) 午後7:30~
ところ  富山市山田交流促進センター(牛岳温泉健康センターの隣)(地図
講 師  無茶々園代表 大津清次氏 (愛媛県)
テーマ  無茶々園発展の経緯。地域を元気にさせる秘訣。等。
入場料  無料
申込み  不要
問合せ  山田村鎌倉いなか体験協議会事務局 TEL:076-457-2333
     e-mail:kakashi@knei.jp

---------------------------------------------------------------------

なお当日は無茶々園の完熟ポンカンを会場にて即売します!(試食あり)
その他詳しくはこちらのページをご参照ください。
(チラシのPDFもこちらにあります)

皆さんのご参加をお待ちしています。

ちなみに・・・
牛岳温泉健康センター(ホームページ)の営業時間は10:00~22:00(入館受付は21:00まで)。併設の「レストラン雪つばき」の営業時間は11:00~14:30及び17:00~20:00です。牛岳温泉スキー場もすぐ近くです。ご参考まで・・・




2012年1月11日水曜日

2012年01月05日~11日のツイート



自動でUpされなかった分:


【ブログ更新】八尾でそば打ち&豆腐づくり体験ができます #toyama #yatsuo #greentourism http://d.hatena.ne.jp/gt-toyama/20120111/p1
2012.01.11 11:37

【とやま情報】「春に向けて、イノシシ対策! 冬季講演会」開催のご案内 http://www.pref.toyama.jp/branches/1631/hukyu/1673.html 平成24年1月26日(木曜日) 午後2時から4時まで|富山市八尾コミュニティセンターにて(無料) #toyama #yatsuo
2012.01.11 00:40

【とやま情報】くらしたい国、富山 定住交流会 http://ameblo.jp/toyamakurashi/entry-11127200573.html 1月21日(土)17:00~19:00|パレブラン高志会館2階にて|4,000円/人|富山県地域振興課(076-444-4496)まで #toyama
2012.01.11 00:34

【とやま情報】ふるさと夢とやま2011.10月号発行(←1月に発行です^^;)http://www.pref.toyama.jp/cms_sec/1605/00007950/00467839.pdf 表紙は土遊野の橋本めぐみさん☆ 「ふるさとウォッチング」では「みんなで農作業の日in五箇山」が取り上げられています #toyama #nanto
2012.01.11 00:28

【ブログ更新】五箇山豆腐づくりが体験できる施設 #toyama #nanto #greentourism http://d.hatena.ne.jp/gt-toyama/20120105/p1
2012.01.05 13:16




八尾でそば打ち&豆腐づくり体験ができます



12月26日、富山県内の体験交流施設の現状調査第二弾として、「黒瀬谷交流センター 喜楽里館[きらりかん]」に伺ってきました(第一弾はこちら)。

「喜楽里館」は「おわら風の盆」で有名な越中八尾にあります。八尾はいくつもの谷の開口部にあり(八つの尾根の先だから八尾だとか?)、その谷の一つ、八尾町中心部からやや南東に伸びる谷にある集落が黒瀬谷です(地図)。
このセンターは旧八尾町によって建てられましたが、富山市との合併(2005年4月)を機に地元の各種団体(婦人会など)が集まって運営委員会を立ち上げ、現在は運営委員会が施設の運営にあたっているとのことです(上下分離式)。
f:id:gt-toyama:20120111104102j:image
喜楽里館外観

この施設では「豆腐づくり体験」「そば打ち体験」ができます。
「・・・また豆腐?」と言わないで、今度は普通の豆腐です(笑)。しかし地元産大豆と天然にがりを使った本格的な豆腐づくりです。しかも豆腐ができあがるまでの時間で、おからを使ったパンづくりもできます!一度で二度おいしい体験メニューですね!
f:id:gt-toyama:20120111104937j:image f:id:gt-toyama:20120111105103j:image
豆腐づくり体験の様子

「そば打ち体験」もできます。実は同じ八尾に「八尾ゆめの森・ゆうゆう館」という施設もあり(ホームページ)、そちらの「八尾そば大楽」でもそば打ち体験ができるのですが、大楽は手打ちそば団体が開催しており名人まで目指せるやや玄人向けなのに対し、喜楽里館は地元の方が丁寧に指導してくれます。それだけそばは八尾に根付いた文化ともいえるのですが、まあ和気あいあいと地元の方とも盛り上がりながらの体験は喜楽里館がお勧めかも!?
f:id:gt-toyama:20120111104622j:image f:id:gt-toyama:20120111104816j:image
そば打ち体験の様子



  • 場  所 黒瀬谷交流センター 喜楽里館(富山市八尾町小長谷352)(地図

<豆腐づくり体験>


  • 料  金 800円/人(試食込)(5名以上)

  • 所要時間 2時間程度

<そば打ち体験>


  • 料  金 1,300円/人(試食込)(3名以上)

  • 所要時間 1時間程度


  • 実施期間 通年 10:00~16:00(施設は火・日・祝休みですが、できるだけご希望に沿います。)

  • 予  約 一週間前までにTELにて(地元の先生に依頼・調整するため)

  • 連絡先  TEL 076-455-3695

※学級単位(約30人)での受入も可能です。ご相談ください。



喜楽里館では「菜々こられ市」という農産物直売市が月一回(日曜朝)に開催されています。地元の新鮮野菜のほかおこわ豆乳プリンなども販売され、いつも大盛況とのこと。地元産手打ちそばもふるまわれます。八尾は新興住宅への入居者が増えているものの土着の方との交流の機会があまりないため、こういった朝市は新規住民と土着の方との貴重な交流の場となっているとのことです。
体験メニューだけでなく、朝市にもぜひ足をお運びください。(第二か第三日曜。詳細は喜楽里館まで。)

またここは富山市中心部・総曲輪にある農産物直売所「地場もん屋」(ホームページ)への中継地ともなっています。朝9:00までに持ち込まれ、ここでラベルが貼られた農産物が市街地の販売所に並ぶわけです。スーパーなどだとどう流通してきた商品なのかわかりづらいことが多いですが、ここはわかりやすいですね。
f:id:gt-toyama:20120111112008j:image
地場もん屋総本店

黒瀬谷はマスカットぶどうを栽培している地域なので、それを使ったワインなどの特産品も、運営委員会によって開発されています。地域の、さまざまな活動の拠点なのですね。
地元住民、新規住民、そして都市・市外県外住民との交流の場として、今後も賑やかに活動していったもらいたいです。




お昼のNHKで利賀村から生中継のお知らせ



南砺市利賀村商工会からの情報です。

来る1月25日(水)、NHK総合テレビで利賀村からの生中継があります。場所は南砺市利賀村坂上地区地図)です。

「民宿いなくぼ」と「民宿中の屋」が取り上げられる予定です。
「民宿いなくぼ」は去年(2011年)9月に慶應大学の学生さんたちに来てもらった際最後に食事をとったところ(そのときのブログ)で、民宿のおかみさん・米倉みつ子さんは「農林漁家民宿おかあさん100選」に富山県内で唯一認定されている方です(こちら参照)。
「民宿中の屋」の中西さんは「田舎暮らし案内人」で(こちら参照)、GTとやまの理事でもあり、利賀百姓塾(こちら)の開催など積極的に活動されています。



  • 番組名  「ひるブラ」NHK総合テレビ12:20~12:43(月~木)

  • 放送日  平成24年1月25日(水)

  • 番組趣旨 全国各地の“旬”な場所をブラり。「行ってみたい!」「見てみたい!」「食べてみたい!」四季折々、地域の魅力を“生中継”でお届けする番組。25日の放送では豪雪地帯の利賀で、昔からの知恵が生きた食文化や、冬の風物詩『そば会』のぬくもり、民宿を営む山里暮らしの達人たちの心温まるもてなしを体験し、身も心も温かくなる中継を目指します。

  • ゲスト  旅人ゲスト:照英さん(俳優) スタジオゲスト:高木美保さん(タレント)

  • アナウンサー 伊藤雄彦アナウンサー(NHK東京アナウンス)

  • 番組URL http://www.nhk.or.jp/program/hirubura/



「ひるブラ」ホームページには・・・
ひるブラ「雪の山里はごちそうがいっぱい~富山県南砺市利賀~」
標高600メートルにある豪雪地帯の富山県南砺市・旧利賀村。四方を峠に囲まれ、雪に閉ざされる長く厳しい冬を、人々は食の知恵でしのいできた。冬の山里の味覚を満喫。

と案内されています。

ぜひご覧ください。

参考ブログはこちら

※1/24追加更新




2012年1月5日木曜日

五箇山豆腐づくりが体験できます




********************************
  明けましておめでとうございます。
  今年もグリーンツーリズムとやまをよろしくお願いします。
********************************


さて、富山県には農林漁業や加工作業、生活文化などを(概ね)常時体験できる、体験交流施設がいくつもあります。グリーンツーリズムとやまでは、そういった体験施設が現在どのようなメニューを提供しているのかなどの現状を、県からの委託によって調査しています。

12月21日、体験施設の現状調査として、南砺市上平にある「どんぐりの館」を伺ってきました。「どんぐりの館」は富山県の南西端、道の駅上平「ささら館」の前から山あいの道を少し進んだ、タカンボースキー場内にある施設です。・・・というより、タカンボースキー場の第二レストランの通称名が「どんぐりの館」なのだそうです。スキー場開きの前日というお忙しいときにお時間を取っていただきました。m(_ _)m

ところで皆さんは「五箇山豆腐」をご存知ですか?
荒縄で縛っても形が崩れないほどの堅さがあり、歯ごたえはもちろん深いコクのあるこの地域独特の堅豆腐です。
f:id:gt-toyama:20120105111818j:image
五箇山豆腐(こちらのページより拝借)

五箇山は山深い豪雪地帯のため、日持ちが良く持ち運びができるように水分量が少なくしっかりした豆腐を貴重なタンパク源として利用していたそうです。堅いので大豆の栄養がぎゅっと詰まり、また昔ながらの製法なので素朴な味わいがあり、田楽や刺身(!)のほか、鍋でも煮くずれしにくく揚げてもおいしいと多彩に楽しめる豆腐です。
その五箇山豆腐づくりを体験できるのが「どんぐりの館」です。



  • 場 所  どんぐりの館(南砺市西赤尾町1767番地)(地図

  • 料 金  1,500円/人(4名以上)

  • 所要時間 二時間程度(試食含む)

  • 実施期間 通年(年末年始、冬季の土日祝及びお盆は除く)

  • 予 約  二日前までにTELまたはメールで(大豆を漬け込む必要があるため)

  • 連絡先  TEL: 0763-67-3766(12月~3月:タカンボースキー場事務所)/0763-67-3120(4月~11月:桂湖ビジターセンター)/e-mail: miyazaki(at)p2.tst.ne.jp ←(at)を@に変えてください/担当:宮崎


f:id:gt-toyama:20120105111817j:image f:id:gt-toyama:20120105111816j:image
どんぐりの館外観                体験の様子

この五箇山豆腐づくり体験の案内は「Toyama Just Now」でも紹介されています(やや古い記事なので料金等が今は変わっているので注意)。また、豆腐づくりの様子(「五箇山のもり」ブログ)もご参照ください。
(※なお特に夏場は、衛生上の理由より持ち帰りはできないとのことです。)

-------------

この「どんぐりの館」を運営している上平観光開発(株)(ホームページ)では、いま滞在型観光による地域活性化事業「五箇山ツーリズムプロジェクト」に取り組んでいるそうです。そのミッションを担うのが、この秋に県外から富山・五箇山へ来られた坂口美紗さん。現在体験型観光プログラムの開発に取り組んでおられます。その坂口さんのブログ「五箇山のもり」が大好評で、一部で話題を呼んでいます。
「五箇山ツーリズムプロジェクト」の一環として、この1月13日~15日に「エコツアーガイド講習会」が開催されます。詳しくはこちら。興味のある方、ぜひご参加ください。

世界遺産だけじゃない、これからの五箇山が楽しみです。

**おまけ**
f:id:gt-toyama:20120105111815j:image
帰りに味彩くろば(ホームページ)に立ち寄り、五箇山豆腐の湯豆腐定食を注文しました。メチャウマ!(´Д` )




2012年1月2日月曜日

2012年01月02日のツイート