2011年12月21日水曜日

森田理事の受賞



グリーンツーリズムとやまの理事・森田由樹子さんが代表を務める「エコロの森」が、エコツアープログラムを通じた地域におけるコーディネーターの役割等が評価され、次の賞を受賞されましたのでご紹介します。

【エコツーリズム大賞】
<特別賞>株式会社エコロの森(富山県富山市)
―応募概要―
エコツーリズムの理念に基づき、富山の地域資源の発掘、歴史、自然、文化を守り伝える着地型・少人数制のエコツアー専門の旅行会社として、参加者の満足と地域活性化がつながるよう、地元関係者との連携を図るなど地域密着でエコツーリズムを展開している。
―講評―
ツアー事業者として、環境保全に繋がることを主眼に置きエコツアープログラムを作成している。ツアー料金の一部を地域振興に取り組む団体に寄付するなど、地域内の連携強化に取り組むとともに、地域におけるコーディネーターの役割を積極的に担っている。また、質の高いツアーの提供のため、ガイドには山岳ガイドなどの資格を有する者を採用することに加え、ガイドの質の向上のため研修やトレーニングを実施する独自の体制を構築している点が評価された。

※エコツーリズム大賞は環境省が平成17年度から行っている表彰制度で、エコツーリズムに取り組む事業者、団体、自治体などを対象に、優れた取組を表彰し、広く紹介するもので、全国のエコツーリズムに関する活動の質的・量的向上並びに、情報交換等による関係者の連帯感の醸成を図ることを目的としたものです。(環境省ホームページより)
環境省報道発表資料「第7回エコツーリズム大賞の決定について(お知らせ)」はこちら

新聞記事:(クリックで拡大)
f:id:gt-toyama:20111221183758g:image:medium




0 件のコメント:

コメントを投稿