2011年11月8日火曜日

にんじん収穫体験 in 庄川町



11月6日、グリーンツーリズムとやまのメールマガジンにてご紹介しました(こちら)「にんじん収穫体験」に参加してきましたのでご報告します。

このイベントは、砺波ロータリーアクトが主催して行われたものです。砺波ロータリーアクト(参考ページ)とは、経営者が多く所属する国際的な社会奉仕団体「ロータリークラブ」の一部で、その砺波地区の青年部のことです。
富山県の野菜自給率の低さを憂い、団体の活動として試験的に収穫体験イベントをやってみようと、この11月に初めて実施されました。

会場は砺波市庄川町の農業法人の農地。砺波平野の散居村の一角です。
あいにくの天候でしたが、この日は6名で収穫。手当たり次第引っこ抜くのではなく、大きく真っ直ぐに育った人参をめがけてとる。これはきっと大きいだろうと思ったら先細りだったり、二股四股に分かれていたりと、なかなかおみくじ的な楽しさもありました。
f:id:gt-toyama:20111108161238j:image f:id:gt-toyama:20111108161240j:image
これは大きいか小さいか?           いろんな形の人参
f:id:gt-toyama:20111108161239j:image f:id:gt-toyama:20111108161241j:image
体験の様子                     いっぱい収穫

これを水洗いすると、ピカピカのおいしそうな人参が。お土産に数本いただきましたが、甘くて柔らかくてとても美味しかったです。なおここで収穫された野菜の多くは給食センターに出荷され、地元の小学生の胃袋に収まるそうです。
f:id:gt-toyama:20111108161242j:image f:id:gt-toyama:20111108161243j:image
f:id:gt-toyama:20111108161244j:image

「スローフード」という言葉ができて久しいですが、こういった体験イベントはまさに普段の食を見直すとてもいい機会になるなと感じました。

各地で様々な体験イベントが行われており、GTとやまとして全てを把握するのはなかなか難しいのが現状ですが、できるだけ取りまとめ、情報発信・応援していきたいと思っています。




0 件のコメント:

コメントを投稿