2011年11月16日水曜日

ロングステイフェアに参加



11月12日、東京・お台場にある東京ファッションタウンビルにて行われた「ロングステイフェア」(ホームページ)に参加し、富山県及び富山のグリーンツーリズムのPRを行ってきました。富山市さん、氷見市さん、射水市さんも一緒です。
f:id:gt-toyama:20111116151637j:image f:id:gt-toyama:20111116151638j:image

ロングステイと言えば海外での長期滞在のイメージで、実際フェアのブースもほとんどが海外だったので、富山県は場違いかもなぁなどと思っていましたが、何気に大盛況で対応に追われるほどでした。
今回は強力な助っ人「パロ」がいたからかもしれません。「パロ」は南砺市城端の会社が開発した癒しロボットで、その愛らしいしぐさや声が大人気でした。丸一日大活躍のパロ、終了時は薄汚れていました・・・あれって洗えるのかな?
f:id:gt-toyama:20111116151635j:image f:id:gt-toyama:20111116151636j:image
↑パロ。なでると喜びます。

富山県には、定住希望者のための格安宿泊施設はあるものの、一週間~一か月と長期に滞在できる施設はビジネス向けのウィークリーマンションくらいです。現状ではGTとやまが実施する二泊三日の「とやま帰農塾」が長いくらいですが、今回ブースに来られた方の中には「生活しながら富山県内各地の観光地を周りたい」という方もいらっしゃったので、富山県も北海道の「ちょっと暮らし」(ホームページ)のような仕組みを導入すべきかもと感じました。


富山県定住コンシェルジュ松岡さんの報告ブログはこちら

※11月17日一部更新




0 件のコメント:

コメントを投稿