2011年11月25日金曜日

とやま帰農塾2011「大家庄塾」開催報告



11月18日(金)~20日(日)に開催した「とやま帰農塾2011 大家庄塾」の様子をご報告します。

大家庄(おおえのしょう)塾は、黒部扇状地の東側に位置する、下新川郡朝日町のJR泊駅から2kmほど南の大家庄地区において、天香寺(てんきょうじ)というお寺(兼 ユースホステル)(ホームページ)を拠点に行いました。

天香寺の一室で開講式を行った後、天香寺の隣にある農業法人・(有)クリーンみず穂(ホームページ)に移動し、二日目に行う味噌づくりの準備として大豆洗いを行いました。これを水に浸して一夜置きます。野菜収穫の予定でしたが、天気が悪く足元も悪いことから、周辺の野菜畑や体験複合施設「なないろKAN」(ホームページ)、不動堂遺跡(ホームページ)などを散策・見学。今年は山に雪が既に積もっているため、その雄大な景色も楽しむことができました。
f:id:gt-toyama:20111125165658j:image f:id:gt-toyama:20111125165659j:image

二日目はまず座禅体験から。朝7時から、住職による簡単な説明の後専用の部屋に移動して20分程度。この張りつめた空気を味わえるのもこの大家庄塾ならではです。
f:id:gt-toyama:20111125165700j:image
朝食後再びクリーンみず穂へ移動、一日目に浸しておいた大豆を煮ます。地元の方に朝早くから準備しておいてもらったので、すぐに煮終わりました。その大豆をざるにあけ、うちわで冷まします(なおその煮汁も後で使います)。それにこうじと塩を加えてよく混ぜ合わせ、ミンチを作る機械に入れてすり潰します。それに煮汁を加えながらよくこねて、個々の容器に入れ、塩をまぶしてふたをして終了。
f:id:gt-toyama:20111125165701j:image f:id:gt-toyama:20111125165704j:image
f:id:gt-toyama:20111125165702j:image f:id:gt-toyama:20111125165703j:image
f:id:gt-toyama:20111125165705j:image
ふだん食べている味噌でも、作る全行程を体験する機会はなかなかありません。なお容器に入れた味噌はまだ完成ではなく、冷暗所に梅雨明けまで保存して、ようやく食べられる状態になるとのことです。

午後はひどい雨だったため、三日目の朝市に出す里芋や玉ねぎの梱包や夕食に食べる熊汁づくりを行ったほか、バタバタ茶体験、ハウス見学などを行いました。
f:id:gt-toyama:20111125165655j:image f:id:gt-toyama:20111125165706j:image

三日目は「なないろKAN」にて朝市の販売体験をした後、宮崎海岸にある「カルチャーセンターみやざき」にて魚さばきを体験。みんなでさばいたタラとフクラギ、アオリイカをその場で昼食に頂きました。
f:id:gt-toyama:20111125165656j:image f:id:gt-toyama:20111125165657j:image

里の生活文化を味わいながら、のんびりした時間を過ごした三日間でした。




0 件のコメント:

コメントを投稿