2011年8月25日木曜日

子どもプロジェクト:現地研修会 in 氷見

8月19日、氷見市にて子ども農山漁村交流プロジェクトの現地研修会を行いました。

「子ども農山漁村交流プロジェクト」(以下、子どもプロジェクト)とは、総務省・文部科学省・農林水産省の連携事業で、小学生を対象にした農山漁村での生活体験(宿泊体験)を推進するプロジェクトです(愛称:ふるさと子ども夢学校、詳しくはこちら)。グリーンツーリズムとやまでは、このプロジェクトの受け入れを検討している地元協議会や自治体のメンバーを対象とした研修会を行っており、今回はその一環です。

氷見市は去年度から子どもプロジェクトの受け入れを始めており、民宿運営の組織化を図ったり地域の自然資源を活用した体験プログラムを構築したりと、精力的に活動を進めている地域です。今回、その実績に学ぶべく県や市町村関係機関など計28名が集い、取り組みを視察しました。

f:id:gt-toyama:20110825113505j:image
植物園での研修
f:id:gt-toyama:20110825113506j:image
体験場所での説明

f:id:gt-toyama:20110825113508j:image
創作工房での研修
f:id:gt-toyama:20110825113507j:image
意見交換会

研修会では、氷見市海浜植物園やJA創作工房など各所体験施設を訪問、説明を受け、また氷見市で子どもプロジェクトを受け入れた際のDVDを視聴しました。さらに参加者と氷見の協議会スタッフとの意見交換を行い、実施に向けた課題や取り組み方法について認識を深めていました。

研修を糧に、県内でより多くの子どもプロジェクト受け入れが進むといいですね。

0 件のコメント:

コメントを投稿