2011年8月29日月曜日

モデルツアーの準備 -赤カブ種まき-

いまグリーンツーリズムとやまでは、大手旅行会社と連携したモデルツアーを企画しています。これは、大都市圏から富山県へ旅行客を誘致するグリーンツーリズム商品が少ないため、その開発を促すのを目的として行うもので、11月に実施すべく、地元旅行会社とも連携しながら準備を進めているところです。
モデルツアーは二回実施予定で、一回目は11月4日(金)~5日(土)に「福光・五箇山編(仮名)」を、二回目は11月10日(木)~11日(金)に「魚津編(仮名)」を企画しています。
その「福光・五箇山編」で、一時は絶滅したとされた「幻の赤カブ」の収穫体験を組み込むことが決定したので、その種まきを8月28日に行ってきました。

f:id:gt-toyama:20110829112550j:image:left f:id:gt-toyama:20110829112551j:image:left f:id:gt-toyama:20110829112552j:image:left

「みんなで農作業の日 in 五箇山」は6年間続く市民参加による農村振興事業で、今回も100名以上が参加して行われました。それに併せて種まきを行いました。

赤カブの種は非常に小さく、指でつまんだだけで10粒ほどつまめるものを、ひと穴3粒ずつまくというなかなかの細かい作業。モデルツアーで参加される皆さんに十分に収穫を楽しんでもらうべく、2本のうねに撒き、グリーンツーリズムとやまの看板も立ててきました。
モデルツアー当日が楽しみです。

なお当日の様子は次のブログでも紹介されていますので、ぜひチェックしてみてください。

なんと万華鏡
http://5698.blog.nanto-e.com/detail-60139.html
みんなで農作業の日in五箇山
http://gazoo.com/G-Blog/GOKAYAMA_MURA010/375980/Article.aspx
とやま棚田ネットワーク
http://www.taff.or.jp/tanada/report/akakabu_201108.html

f:id:gt-toyama:20110829130625j:image:medium
また、地元紙でも当日の様子が取り上げられました。(クリックで拡大)

---

作業の後、モデルツアー「魚津編」に登場予定のマンテンホテル・グループの総料理長・江向博保さん宅を訪問。まさか富山県と岐阜県の県境のこの小さな集落にお宅をお持ちとは思いませんでした。
江向さんはベルリンでの世界料理オリンピックで銀賞を受賞された方で、普段は富山市内に居を構えておられるものの、週末にはこの上平に戻ってこられるそうです。もともと利賀村のご出身だからか、「山に戻ってくるとほっとする」とおっしゃってました。
突然の訪問にもかかわらず温かくおもてなしいただきました。現在、民泊ができるようお宅を改装中。近くの谷に落ちていたという流木をあしらった手すりがなんとも素敵でした。

f:id:gt-toyama:20110829112553j:image f:id:gt-toyama:20110829112554j:image

(8/31一部更新)

0 件のコメント:

コメントを投稿