2011年6月23日木曜日

とやま帰農塾2011「五箇山塾」開催報告

6月10日~12日に開催された「五箇山塾」の様子をお知らせします。

五箇山塾は南砺市上平にある世界遺産・菅沼集落に併設された合掌造りコテージ(宿泊施設)「合掌の里」にて開催されました。

開講式の後菅沼集落に歩いて移動。五箇山塾最初のイベントとして、合掌造りの横の畑でエゴマの種まき作業を行いました。雑草予防のための黒いビニールシートに空き缶で穴をあけ、その中にエゴマの種を2~3粒入れるのですが、種が小さいため2~3粒をつかむのに一苦労。とはいえ、参加者の中でも手慣れた方はさくさく進めておられました。


なお南砺市のブログでも当日の様子が報告されているのでぜひご覧ください
http://gazoo.com/G-Blog/GOKAYAMA_MURA010/328186/Article.aspx

二日目。あいにくの雨の中、合羽に身を包んでいざ農作業。まず合掌の里の畑に青大豆を等間隔にまきます。続いてスクナカボチャの苗床づくり。スクナカボチャは平野部でおなじみのいわゆるカボチャとは見た目が大きく異なり、ウリかトウガンのような長細いカボチャなのだそうです。

畑に径50cmほどの穴を掘り、油粕と鶏糞と堆肥を入れて埋め戻し、10cm高くらいの台地をつくって、そこに苗を植え付けます。さらに雑草対策と緩効性堆肥を兼ねて、カヤを畑一面に敷きました。このカヤは合掌造りの屋根をふき替えた後の古カヤ(使用済のカヤ)で、一か所にまとめて発酵させていたので、水分を多く含んでけっこう重く、皆でひいひい言いながら運びました。



まだ天気も芳しくなかったので、「竹中家」(合掌の里の中心施設)に入ってワラ縄の編み方教室。これが慣れるまでなかなかわからず、みんな四苦八苦していました。


午後、袴腰山中腹にある五箇山かぶら(赤カブ)畑へ移動。畑一面に背丈ほどの高さに茂った雑草を刈り取るなんてと、最初は気が滅入りましたが、皆でやるとさくさく進み、30分ほどでスッキリ。とはいえ「五箇山かぶらは刈らないように」という指示に従うのは難しく、あちこちで草と一緒に刈ってしまったという声があがる始末。図らずも「赤カブ収穫祭」と化していました。
(南砺市ブログ http://gazoo.com/G-Blog/GOKAYAMA_MURA010/328577/Article.aspx


その後グリーンパーク池の平周辺で山菜採りを楽しんだ後、翌日の朴葉めしづくり用に朴葉を採取。大きな葉を手にしてなぜかテンションが上がり、いつのまにか記念撮影会となっていました。


ハードな二日目とうってかわり、三日目は朴葉めしのためのきな粉づくり。炒った大豆を石臼でえんえん挽いていきます。二台ある石臼のうち、一台は楽々回しているのに、もう一台のチームはなぜか4~5人がかりで回してもうまくいかない。なぜだろうと原因を議論する一幕もありました。


昼食は、前日に採った朴葉の上に、みんなで挽いたきめ細かいきな粉をたっぷり載せて、炊き立てご飯をのせ、包んだ「朴葉めし」をいただきました。


単なる観光では味わえない、世界遺産の深みに触れる三日間でした。

(すずき)

0 件のコメント:

コメントを投稿