2011年5月20日金曜日

黒部塾下見

来週27日から二泊三日で行われる、とやま帰農塾・黒部塾(http://www.gt-toyama.net/kinou2011.html)の下見に行ってきました。

黒部塾_江浚いの場所付近

江浚い(えざらい:農業用水路を甦らせる作業)を行う場所付近は、写真のようにとてものどかで素敵な場所でした。天気は快晴、背後に見える山が水田に映って、なお情緒を盛りたてています。

このあたりの用水は、江戸時代に農地に水をひくための大工事が行われ完成したもので、「十二貫野用水(じゅうにかんの・ようすい)」と呼ばれています。新川牧場の近くにある「十二貫野湖」に、当時使われた石管や工事の解説パネルを展示した小屋が建てられています。

十二貫野用水の展示場の用水石管

江浚いを行う用水は「巻江」と呼ばれ、高台の水田からの浸透水や湧き水、灌漑用水などを集めて作った小用水です。

先人の苦労があってこそ、私たちの生活があることを実感させられます。

その用水も今は一部しか使われず荒れ放題・・・黒部塾では、それを甦らせる作業を行います!

黒部塾は来週ですが、まだ定員に空きがあります。興味のある方、ぜひご参加ください!
(すずき)

0 件のコメント:

コメントを投稿