2011年2月9日水曜日

春蘭の里(能登町)子どもプロジェクト研修

2月2日、能登町の「春蘭の里」へ子どもプロジェクトの研修に行ってきました。大雪が開けて、陽射しのまぶしい中、29名が参加しました。




郷土食の昼ご飯を頂きながら、春蘭の里実行委員会の多田喜一郎さんから、これまでの経緯や今後の展望について話があり、「やる気があれば、何でもできる」という強いメッセージをいただきました。




その後、農家民宿を見学。いやー、さすが奥能登、雪が深いですね。子どもプロジェクトでの月の売り上げは、40万円とか。5人/日×1万円×8日。







各家の部屋の大きな間取りにも圧倒されました。これは、餅を干しているところ。





廃校になった小学校を活用した「交流宿泊施設コブシ」も見学。部屋毎に、オーナーがいて、それをまた、貸し出すという仕組みとのこと。





参加者みんなで集合写真です。


0 件のコメント:

コメントを投稿