2010年12月20日月曜日

最近の活動報告です

いつもなら、GTとやまが参加したイベントについて、すぐにこのブログでお知らせしていたんですが、12月に入ってちょっと慌ただしかったせいで遅くなってしまいました。今回は蔵出しということで、まとめてご報告します。

1、屋台村

12月1日、県の男女参画ボランティア課の主催する「NPO屋台村」に出店参加した。県内から、13のNPOが参加。県庁4階の渡り廊下、机を借り、帰農塾などのパンフを配布し、パネルも展示した。昼休みに多数の県庁職員が訪れて熱心に質問していた。


2、子どもプロジェクト、金沢

12月9日、「北陸子ども農山漁村交流プロジェクト推進協議会」の主催する「リレーシンポジウムin北陸」が、金沢市文化ホールで催された。
基調講演は、都市と農山漁村の共生・対流推進会議副代表の安田喜憲さんが「田舎から新たな文明の時代がはじまる」というテーマで、また、国立妙高青少年自然の家次長の湯浅昭司さんが「教育効果からみた宿泊体験活動の意義」というテーマで行った。

その後、パネルディスカッションがあり、小学校側と受け入れ側が2人ずつパネラーとして発言した。特に、教員の負担、年間授業時間数のやりくり、健康安全への懸念、親への説得など、学校側の見方や参加に向けての合意形成の努力や工夫などが聴けて、とても勉強になった。

最後に、当協議会の副会長をしている長崎理事長の挨拶と大会宣言があった。


3、子どもプロジェクト、上越

12月16日、25名の参加で、「子ども農山漁村交流プロジェクト上越現地研修会」が実施された。
上越地域は、積雪30センチ。廃校を利用した体験交流施設「月影の郷」も。

研修会では、まず、今年のグリーンツーリズム研究会に講師で来られた雪だるま財団事務局長の小林美佐子さんから、「越後田舎体験」全体の歴史・組織・仕組み・事業概要等について解説があった。

施設長さんの案内で、体験交流施設「月影の郷」を見学。昨年は、児童400人、学生700人が利用。宿泊施設も、バーもあるとか。

昼食は、手づくりの弁当。ご飯はもちろんのこと、わらび・ぜんまいをはじめ、すべてがうまかった。

午後は、月影の郷施設長の横尾修一さんと、民泊をしている渡辺ヒデさんが、受け入れ体験や思いを話しました。研修者からは、熱心な質問がおおく出され、中には、その気にならない地元の農家を説得するため2人を講師として呼びたいという意見も出されました。
その後、渡辺ヒデさん宅を訪問。江戸時代に建てた家だとか。「子どもたちに体験を無理に押し付けない」という言葉が印象に残りました。

0 件のコメント:

コメントを投稿