2010年10月26日火曜日

大長谷塾秋講座の開催報告です

10月22日~24日の3日間で、とやま帰農塾2010「大長谷塾秋講座」が開催されました。今日も、当日の様子を写真を交えて紹介していきます。最近、更新が遅くなりがちだったので、今回はスピード更新で行きますよ。

場所は富山市八尾の大長谷地区で、村上塾長をはじめ、地元の大長谷村づくり協議会の方々にお手伝いをいただいての開催となりました。

今回の講座では、2日目に村上さんのチームと今村さんのチームに分かれて、それぞれの農業体験をすることになっていました。そこで、一日目は村上さん、今村さんがそれぞれ取り組んでいる農業について紹介をしていただきました。

村上さんの畑。赤カブや、大根などがあります。 
今村さんが、自然農で取り組んでいる畑です。 

一日目は、それぞれの紹介を受けた後、山でとれたナメコなど、山の幸をふんだんにつかった夕食をいただいた後、座談会に移りました。村上さん、今村さん、杉林さんの3名が、それぞれ自分の取り組んでいる農業や、Iターンしての生活など、苦労や楽しみ、これからの目標など、いろいろなお話をしていただきました。

この日の夕食に出たのは、山で取ってきたなめこです。でかいんですね、これ 
この日のお米について、杉林さんからの説明が。 
座談会の様子。楽しみや苦労など、いろいろなお話が。 

そして2日目、名付けて「べったり農業体験」。一日、その土地で取り組んでいる農法にべったりと張り付いてのお手伝いをしました。村上さんのところでは赤かぶの間引きや山菜の種まきを行いました。細かい種は、ふるいにかけた土と混ぜて蒔くというやり方をとっていて、「家庭菜園で参考になる」と、長く取り組んできての知恵に感心しきりだったようです。

赤カブの間引き作業です。
細かい種は、こうしてふるいにかけた土といっしょに植えるといいそうです。 

今村さんのお宅では、鶏をさばいてお昼にいただいたり、カヤを切って破砕して、たい肥に混ぜるなどをしました。私も鶏のさばきを体験させてもらいましたが、首に包丁を当てた時は本当に緊張しました。さすがに、この写真はあんまり詳しく載せられないので、あたりさわりのないのを載せておきます。羽をむしったり内臓を取ったりした後、ダッチオーブンでじゃがいもと一緒にじっくり蒸し焼きに。そちらの美味しそうになっている写真はじっくりどうぞ。

包丁を持つ手が少し震えました。 
じゃがいもといっしょに蒸し焼きにします。 

このほか、カヤや柳を切ったりしたのですが、作業に没頭しすぎて写真そびれてしまいました・・・。

この日の夕食は、地元の方も交えての交流会となりました。最近は薪ストーブを使う人が増えていて、その薪の調達について、ああでもない、こうでもないと激論もかわされていました。

熊の骨付き肉です。すごい迫力。

最終日は、大長谷秋の恵み、キノコ狩りです。村上さん先導で県境へ向かう健脚コースと、杉林さん先導で21世紀の森付近を回った初心者コースに分かれます。私はとても健脚とは言えないので、初心者コースへ。そこでも、ブナハリタケやヤマブシタケなど、美味しいキノコ、珍しいキノコもいくらか見つかりました。それなら私もと思ったのですが、斜面をくだってキノコを探すのは大変で、おまけにみつかるものが片っ端から「ツキヨダケ」などの毒キノコだったりおいしくないものだったりで、散々でした。おまけに、斜面ではカメラを構えることもままならず。どうも写真をうまくとれない講座になってしまいました。

一方の健脚コースでは、途中道に迷いそうになった人も少しあったようですが、戦果は大漁だったようです。それぞれキノコ狩りをやってるところや、取ってきたキノコの写真も載せておきます。

戦果は上々といったところでしょうか。

床一面に広げて、きれいにしたり、仕分けたりしています。それにしてもたくさんありますね。 

この大長谷塾にくる受講生は、個人的にも何度も訪れている方も多く、地元の人々との親交も深めている人がたくさんいます。それだけ、その土地の人たちが温かく、魅力が大きいということなのでしょうね。そんな力を、いっぱいに感じられた三日間でした。

最後に、この日参加した方が撮った写真がデジブックで見られます。そちらもぜひご覧ください。

0 件のコメント:

コメントを投稿