2010年7月29日木曜日

2010八代塾夏講座開催報告

今日は、7月23日~25日に開催された八代塾夏講座の様子を、写真を交えて紹介していきます。氷見市八代地区で、森杉塾長が隊長を務める八代環境パトロール隊の協力のもと、開催されました。

まずは一日目、農作業体験として胡桃地区にある田んぼへ行きました。この胡桃地区は、以前に地滑りで2戸を残して全滅してしまったこともあるそうです。この田んぼでは、低たんぱく米「春陽」という品種など、多種のコメが無農薬で栽培されているそうです。この日は、この田んぼの草取りを行いました。

しばらく暑い日が続いていましたが、この時はちょうど雲が出ていて、比較的涼しい中での作業でしたが、田んぼが深く、泥に足を取られて苦労しているようでした。



この後、地元の営農組合の事務所で、その土地の歴史や、地滑りの被害を免れた社のお守りのお話などを聞かせていただきました。なんでも、「滑らないご利益」から合格祈願などで重宝されているそうです。


この後、八代地区環境パトロール隊の活動やNPOを作って路線バスを走らせているという話を森杉塾長以下隊員のみなさんから聞きながらの夕食となり、地元の味を堪能しました。


二日目、まずは片葉を採りながら地元の空き家の話などを聞きました。やはり空き家になっていく建物はそれなりにあるようです。また、道端にきれいなセキドウサンユリが咲いているのを見つけました。その後、八代自治会館に戻って片葉の葉を取り皮をむいて下拵えをしました。この時期になると、もう皮が固くなるのでむいてやらないといけないそうです。


そのあと、自治会館の体育館に移動して風呂づくり作業にかかりました。この日は、腰かけとスノコづくりを行いました。地元の大工さんに指導を受けて、代わる代わる作業を行いました。電動ドリルで打ちこんだネジがあまりに熱くなっていて、うっかり触って火傷しそうになったりしていました。



昼食をはさんで一休みしたあと、氷北線の林道草刈りへ出発しました。海抜300mほどの場所でそれほど暑くなく、作業をするにはいい気候でした。森杉塾長たちの実演の後、受講生も一人一台ずつ刈り払い機を借りての作業を行いました。

この刈り払い機、要するに電動ノコギリなわけで、何かあったら一大事と、スタッフも地元のみなさんも受講生も、全員がドキドキしっぱなしの時間でした。ですが、少し経つうちに慣れてきて、なかなか様になっている受講生もいて、「あれは素人っぽくないな」と地元の方に言わしめるほどの人もいました。ですが、やはりほんのちょっとの時間でも腕やら何やら痛くなった、という感想がたくさんありました。慣れてないと、余計な疲れが出てしまうものなんですね。



作業を終えて、お風呂で汗を流した後、地元の方たちを交えて夕食交流会となりました。そしてこのときに、なんとこれまで帰農塾に参加したことのあるメンバーが飛び入りでやってきてくれました。その中には、この春から晴れて富山県へ移ってきた方もいて、そのメンバーも交えてたいへん盛り上がっていました。


三日目は、氷見市の沖合に浮かぶ「虻が島」の探検へ向かいました。この島は、50種類ほどの固有種の植物がいたり、北のほうの植物と南のほうの植物の分布の境界線上にあったりと、小さいながら多種の植物が存在しています。一方で、アオサギがたくさんの巣を作って住み着いているため、糞害などでその貴重な植物が弱っているという問題も抱えているようです。

ここへ行き、氷見市女良公民館の館長さんが、虻が島の歴史や植物についての説明を聞きながら、漂着ごみの掃除をしたり、周りの景色を眺めたりして過していました。虻が島には、高校生の生物クラブの生徒がやってきて、あれこれと植物を観察したり、海を覗き込んだりもしていました。




この三日間は、地元の方たちが自分たちの土地を守るための努力と熱意をもって行動していること、その中で自分たちの楽しみや生きがいを見出しているということを強く感じられた三日間になりました。受講生のみなさん、地元のみなさん、お疲れさまでした。

0 件のコメント:

コメントを投稿