2010年6月23日水曜日

「そばの里 森林の楽校」へ参加してきました。

6月19日~20日、南砺市利賀村で、開催された、「そばの里 森林(もり)の楽校(がっこう)」へ参加してきました。

下草刈り体験ということで、天候が心配されていましたが、当日になってみると快晴となり、気持ちよく作業できる、というより少し暑過ぎるくらいの陽気でした。

作業は、スノーバレー利賀のゲレンデで行いました。まず現地の方に道具の使い方や注意点について聞かされ、「怪我には気をつけるように」と念を押されます。参加者は全員富山大の学生で、こういう体験は初めてという人が多かったせいか、緊張した面持ちで道具を受け取っています。

さて、これから斜面に上がって草刈りです。コースを広げるため、雑木も切り倒しながら進みます。初めての割に、なかなか様になっている学生もいました。この途中、私は鉈で指をちょっぴり切ってしまうケガを・・・情けない。それはともかく、参加した学生は、慣れないながらも体験を楽しんでいたようです。

この後、「森林の楽校」を主催したJUON NETWORKの勉強会を行い、夕食と交流会。この日作業を指導してくれた方は、30代前半のIターンの方で、利賀村にはそういう人もけっこう増えていると聞かされました。食事の後、全員でサッカー、日本-オランダ戦を観戦。みんなで大声上げて見てました。

翌日にはまた作業の続きをした後、利賀村にある「天竺温泉」で汗を流して解散。参加した学生の感想に、「スキー場の維持がこんなに大変だと思わなかった」、「普段やったことのない体験で、疲れたけど面白かった」といったものがありました。やはりこういう体験は、やってみてこそ面白さが伝わるものですね。

降水確率90%を跳ね返した、晴れ男軍団です。富山大生のみなさん、お疲れさまでした。

0 件のコメント:

コメントを投稿