2010年5月31日月曜日

とやま帰農塾2010「松倉塾春講座」が開催されました

5月28日~30日に開催された松倉塾春講座の様子を、写真を交えて紹介していきます。

地元の方々との顔合わせをしてから、稗畠地区内で田植えを行いました。


今回も初体験だという方が多く、慣れるまではなかなかうまくいかないようで、地元の方と比べるとスピードがはっきり違いますね。下はその違いがよくわかる一枚です。それと、泥に足をとられて長靴が置き去りになってしまった一枚です。これも、初めての田んぼではよくあることだと思います。


この田植えの後に「仁右衛門家」の温泉で汗と疲れを流してきました。受講生もいっしょに一枚。いいお風呂でしたよ。このあと、地元の方といろいろ語らいながらの夕食をいただきました。


二日目は、地元・小菅沼地区で企画された田植えアートに参加してきました。育つと色が違ってくる数種類の苗を植えてやると、秋には絵が浮かび上がるというもので、この地区でも飼育されているヤギの絵を描きました。


全体を区切って種類の違う苗を植えていくことで、育つにつれて絵が浮かんでくるというわけですね。右は植え終わった直後の状態です。このままでは何が何やらさっぱりですが、どんなふうに仕上がっているのでしょうか。今から秋が楽しみです。この田植えの後、地元の方たちとおにぎりやおはぎでお昼をいただきました。

その後、政二塾長の案内で山菜摘みに山へあがって行きました。だんだん山深くなっていって霧も立ち込める中で、クズの芽やススタケなどを採ったり、崖に咲いている花を愛でたりしていました。ここで採って来た山菜を、地元の方たちといっしょに天ぷらにしたりそのまま焼いたりして、この日の夕食となりました。




 この日もおいしい食事を交えて地元のみなさんと話し込み、まだ明るかった日がだんだんと暮れていく中できれいな夕焼けの赤色が印象的でした。が、またしても見とれていたために写真をとりそびれてしまいました・・・ごめんなさい。

そして最終日は、地元の方が主催のもちより市でちょっとしたお手伝いをしました。朝8時半に開場したのですが、大盛況でわずか20分でほとんどのものが売り切れてしまいました。その様子を、少しだけごらんください。


この後、「戦国のろし祭り」が開催されている、松倉城址の広場へ向かいました。そこでは、よさこいや獅子舞のステージ発表もあり、古くからの文化が地域にしっかり息づいている様を見せつけられた思いです。このお祭りに参加したり山の上で松倉城本丸の跡に登ったりして、松倉地域の歴史や文化に多少は触れられたように思います。


最後に、この松倉塾にやってきたゲストと、私たちが宿泊した場所のホスト役を紹介します。ゲストは、そろそろお馴染みになってきたかもしれません、カモシカさんですね。そしてホストは、小菅沼地区で草刈りもしているヤギさんです。


地元の方々、受講生のみなさん、たいへんお疲れさまでした。そして、どうもありがとうございました。

0 件のコメント:

コメントを投稿