2010年1月28日木曜日

田舎暮らし案内人(森杉國作さん)

氷見市の森杉國作さんを訪問しました。




森杉さんは、富山県西部森林組合副組合長理事、八代環境パトロール隊隊長、八代地域活性化協議会理事長、NPO法人グリーンツーリズムとやま理事を務めるなど、地域のために日々頑張っておられます。


自分達の地域でゴミの大量不法投棄を発見したことをきっかけに、森杉さんが中心となって2001年に八代環境パトロール隊を結成しました。以来、不法投棄された廃棄物の発見・回収、一人暮らしの高齢者の訪問活動、林道の下草刈り、川水の濁りや倒伏樹木の有無の確認、地滑りの予兆現象の調査、初期消火訓練、地域バスの運用、学童の通学路の安全確保など、総合的な地域保全活動を行っています。


このパトロール隊のすごいところは、地域の皆さんが無償のボランティアでお手伝いしているということです。パトロール隊の活動に出てきても、日当やガソリン代などは一切出ません。それでも自ら協力したいという人達が集まって、10年間ずっと活動を続けてきました。不法投棄の回収は毎月第2,第4日曜日に欠かさず実施していますが、パトロール隊の熱心な姿を見て地域住民の皆さんも自主的にゴミを拾うようになったそうです。森杉さんは、「自分達のことは自分たちでやろう。自分達の力で良い地域づくりをしようというのがこの地域の姿だ」と仰っています。

また、NPO法人ますがたによる地域バスの運用というのも重要な活動の一つです(中心メンバーはパトロール隊)。このバスは、地域の皆さんが年間パスを購入して何度でも乗り放題となっているので、乗車率がすごく高いのだとか。乗客の中には街まで行かずに、バスに乗ってぐるぐる回るだけの方もいらっしゃいますが、それはバスに乗ることで地域の皆さんとの会話が楽しいからなのです。家に閉じこもらずに外に出て会話を楽しむから、心も体も健康になるんですね。そのうち、バスに乗らない日があると心配して声を掛け合ったり、電話をかけたりすることもあるそうですが、そうすることで一人暮らしのお年寄りの安否確認にもなります。地域住民が常にお互いを気にかけているということで、互いの信頼関係が出来ていて、誰もが安心して暮らせる地域になっているんですね。



森杉さんからのメッセージです。

「現代は人間の心が非常にわびしい。人を殺すことに何の疑問も持たないようだ。テレビを見ていると犯罪の話が無い日はない。田舎に両親を残して長男長女は都会に出ている。田舎には年寄りだけが残されてしまう。

ゴミの不法投棄も絶えない。彼らはなぜ不法投棄をするのだろうか?それはモノに対する感謝の気持ちがないからだろう。自然に対する感謝の気持ちがなくなり、自然との共生が上手く出来なくなったのだろう。

現在は森林セラピーという言葉もあるが、森林には人の心を和らげる、人の心を癒す効果がある。森の中で心と体を休めることで、自分の心を見つめ直すことが出来る。自然への畏敬の念を持ち、日頃の自分の至らなさを感じることも出来る。子ども達には自然との関わりで楽しい思い出を沢山作ってもらいたい。山の空気の美味しさを感じて小鳥のさえずりを聴いて欲しい。

私は、森を守らないと地球を守れないと考えている。荒れ放題の山では美味しい水は出ない。森を整備することで、土も空気も川も海もきれいになり、それが人間社会にも良い影響を与える。全てはつながっているのだ。森林づくりは人づくりの道である。森を育てることによって心身共に健康になれる。現代における人間形成のためには自然との関わりを切ってはならない。森林整備に地域の人達が関わることによって日本も良くなると信じている。」

0 件のコメント:

コメントを投稿