2009年12月7日月曜日

とやま帰農塾2009 大家庄塾レポート 第3日目

本日、大家庄塾の最終日、今朝もとっても良い天気です* ¤*¤

~第3日目~


今朝は、希望者のみ、天香寺の座禅会に参加しました。

ご住職の方より、座禅の説明を受けます。壁に向かって胡坐をかき、背筋を伸ばし、手を重ねて両親指で輪をつくり、半眼の状態で、深く呼吸(腹式呼吸)します。この状態で、約30分ほど、自分自身とじっくり向き合います。座禅は、調身(身体を調え)、調息(息を調え)、調心(心を調える)ことによって、雑念を払い、精神を統一し、『無心』の状態へ近づけるのだとか・・・。


私も初めて座禅を体験しましたが、雑念を振り払うのはとても難しく、周りがしんと静まりかえればかえるほど、何だか余計な事をゴチャゴチャと考えてしまいます。お腹も眠りから覚め始めたのか、きゅるきゅる~っと鳴って、一向に心を調えられません!(>_<)

そこで、最後に警策(きょうさく)をして頂いたら、肩から背中へ向かってビリビリっと痛みが走り、少し気持ちもピリっとしました。

座禅会の後は、朝食をいただき、食後の休憩もそこそこに、柳沢塾長の案内のもと、長崎喜一さんの待つ夢創塾へ出発です。


夢創塾へ行く前に、朝日小川第二発電所へ立ち寄りました。今がちょうど見頃の紅葉と水辺の景色がとても綺麗です。



そして、『夢創塾』へ到着。長崎さんが出迎えてくださいました。水車、炭焼き小屋、五右衛門風呂など、一通り案内して頂きます。実はこちらの『夢創塾』、今年の春、帰農塾の『びるだん塾』として開催した場所でもあります。




続いては、宮崎海岸(ヒスイ海岸)へ・・・。こちらでは、水野さんが待っていてくださいました。この海岸には、よくヒスイが打ち上げられる為、ヒスイを探しに来られる方も多いそうです。このヒスイは何処からやってくるのか? ①ヒスイ峡から川を通り海へと流れ着く、②海底の層の中から出てくる、この2通りの説があるそうです。今日のように波が穏やかな日より、海が荒れた日の翌日の方が見つけやすいそうです。


また、この宮崎海岸では、5月~7月頃の間だけ、日の出を見ることができるそうです。


朝日町周辺を案内して頂いたあとは、㈲クリーンみず穂さんの農場で、収穫体験をさせて頂きました。畑には、さつまいも、大根、かぶら、赤かぶ、黒豆など、たくさんの農作物があります。柳沢塾長から、「自分で収穫したものは、そのままお土産として持ち帰っていいですよ」と言われ、塾生の皆さん大喜びです♪





収穫体験を充分満喫した後は、なないろKANで昼食を頂きました。


天香寺へ戻ると、塾生の皆さんに、今回の大家庄塾をふりかえって頂き、一人ずつ感想を述べて頂きました。皆さんそれぞれ、一番印象深かったという内容が異なっていて、味噌作り体験を挙げる方もいれば、火起こし体験、或いは地元のお料理と言う方もいらっしゃいました。


閉講式では、柳沢塾長から、「昨年と全く同じ内容の事をやっても楽しくないので、予定にないような体験も敢えて取り入れてみました。農業体験は、ここへ遊びに来てくれれば、いつでも体験して頂けるので、また是非来て下さい」と締めの挨拶を頂きました。

塾長を始め、㈲クリーンみず穂の社員の方々、地元の女性達、たくさんの方の温かいおもてなしを受け、今回大家庄塾に参加された塾生の皆さんには、『ikke(いっけ)』のつながりを感じて頂けたのではないでしょうか?


無事、大家庄塾も終わり、朝日町を後にする際、柳沢塾長よりお米や大豆菓子など抱えきれない程のお土産を頂きました。(宮崎海岸ではヒスイ探しができなかったということで、水野さんからはヒスイまで・・・。) 半年後、この手作り味噌でお味噌汁を作るのが今から楽しみです♪♪



――*◆*――*◆*――*◆*――*◆*――*◆*――*◆*――*◆*――*◆*――*◆*――

今回、大家庄塾に参加された方が、『デジブック』というサイトに、ご自身で撮影された大家庄塾の写真を掲載されています。とても素敵にまとまっていて、まるで一冊のアルバムのようになっていますので、是非こちらもご覧ください。(*´∀`*)

↓こちらのサイトからご覧いただけます。

http://www.digibook.net/q/8FWNMp-csKRjX_zC/


0 件のコメント:

コメントを投稿