2009年8月6日木曜日

JA女性部グリーンツーリズム「農家一泊体験」

7月30日~31日に行われたJA女性部グリーンツーリズム「農家一泊体験」を取材しました。




富山県内の市街地に住む小学3年生~6年生の子ども達42名が、数人ずつに分かれて農家で一泊して農業体験を行うという内容で、県内6ヵ所のJA女性部が受け入れを担当しています。出発式では、参加者を代表して舟田珠々さんが出発の言葉を述べました。


農協会館の前で記念撮影。ここから子ども達が各地に移動します。

今回取材に同行したのはJAあおば女性部。こちらでは小学5年生の男の子3人と女の子3人が2軒の農家にお世話になります。


まず最初は大沢野みのり館(農産物直売所)の見学。名物「いちじくソフト」が美味しい♪


農家をされている永瀬さんのお宅を訪問して、アルギットニラの収穫体験をしました。刈り取った後は、外側の汚れている部分やニラの花を取り除いたり長さを揃えたり、一束110gにして輪ゴムで束ねるといった仕分け作業を手伝いました。



続いて、今晩泊めていただく奥野さんのお宅へ移動。夕食はバーベキューを食べるということで、奥野さんが庭で育てている野菜を収穫することにしました。今回は、とうもろこし、トマト、枝豆、ピーマン、パプリカ、インゲン豆、ナスビ、スイカを収穫しました。こんなにたくさん食べられるかな?


採れたてのスイカをガブリ♪


次はおはぎづくり。もち米をはんごろしにして、あずき、きなこ、ゴマの3種類のおはぎを作りました。


完成したおはぎは、神さまにお供えしました。奥野さんのお宅の前には、両手で幼児を抱いている姿の子安観音様がまつってあります。安産や子宝を祈願しに来られる方が結構いらっしゃるそうですよ。

この日の作業はこれで終了。翌日は男子チームと合流して、そば打ち体験を予定しているそうです。農家での宿泊体験というのは子ども達にとって夏休みの良い思い出になることでしょう。

0 件のコメント:

コメントを投稿