2009年8月29日土曜日

田舎暮らし案内人(岡田隆史さん)

南砺市の岡田隆史さんを訪問しました。


岡田さんは昭和49年に草刈り十字軍の初代隊長として福光を訪れて以来、長年にわたり森林を守る活動に携わってきました。米国オレゴン街道3500km徒歩横断など世界中で冒険旅行に出かけた後、1980年代に福光に移住、1987年にレストラン・ラモヴェールをオープンさせました。現在はNPO法人グリーンツーリズムとやまの理事を務め、地域での滞在型グリーンツーリズムにも取り組んでおられます。





お店の周りにはたくさんの芸術作品があります。


こちらは草刈り十字軍・草学塾の石碑です。


敷地内にあるハーブガーデンでハーブ栽培を行い、レストランで料理やお菓子、お茶に使うほか、お客さんからの要望に応じてハーブ摘み取り体験や、リースやポプリなどのクラフトを作るハーブ教室を開催しています。

岡田さんの周りには県外から移住してきた人達が集まるようになって、いつの間にかお店の名前の通り”緑の小集落”が出来ていました。そこで、岡田さんは周囲の仲間と協力して滞在型グリーンツーリズムを提供したいと考えるようになりました。主な体験メニューとしては、草刈り作業体験、ハーブ摘み取り体験&ハーブ教室、ガラス工房見学&体験、森林組合の作業体験、薪割り体験、Iターン移住者体験談、夜なべ談義などを提供することが出来るそうです。もちろんレストランでフランス料理を楽しむことも出来ますし、宿泊も出来ます。これから本格的な実施に向けて準備を進められるそうです。



岡田さんからのメッセージです。

「米国オレゴン街道3500kmを徒歩で踏破したとき、途中で何度も辞めたくなったが、苦しいときに必ず誰かが助けてくれた。本当に多くの人の助けでゴールすることが出来た。何度も辛いと思ったけど辞めなくて良かった。このとき、歩き続ければ必ず自分が目指すものが見えてくる、いつか必ずゴールに辿り着く、続けていれば手を差し伸べてくれる仲間が現れる、ということを学んだ。この20年間に天国も地獄も味わったが、ふと気付いたときに、自分の周りには仲間と一緒に作った緑の小集落(Le Hameau Vert)が出来ていた。

これまで富山のグリーンツーリズムは野外体験教室を行うようなやり方が多かったように思えるが、余暇を利用して田舎でゆったり滞在しながら休暇のひとときを楽しむという滞在型グリーンツーリズムをラモヴェールから発信していきたい。」



レストラン・ラモヴェールのホームページはこちらになります。
http://www.tklamo.com/index.htm

0 件のコメント:

コメントを投稿