2009年5月18日月曜日

びるだん塾レポート パート2

学芸員の方の説明を聞きながら岩崎巴人画伯の画を鑑賞 

岩崎巴人画伯はS42年から仏画を描く、仏画を描くには仏を知らなくてはとその後出家。

おいしいものを食べると即興でさらさらと描いて、ごちそうになった家に置いていったそうです。

長崎莫人画伯生家

長崎莫人画伯の生家にはふすま一面に描かれた水墨画があり一同びっくり!

ふすまを少し開けてのぞくとそこには異次元があるようでした

こちらでもバタバタ茶をごちそうになりました

0 件のコメント:

コメントを投稿